はしのえみの子供がダウン症ではないかとの噂があります。

はしのえみが子供を産んだ年齢は41歳です。
41歳は高齢出産となります。

女性が高齢になると、卵子も老化していくと考えられます。

卵子は、女性が胎児のときに一生分が作られます。


スポンサードリンク




ですから、卵子が卵巣の中にある期間が長くなるほど、
遺伝を司る染色体やDNAにダメージが蓄積され、
細胞分裂の力も低下してしまうのです。

ダウン症をはじめ、生まれてくる胎児の先天的な異常や疾患は、
この卵子の老化が原因のひとつになっています。


すが、高年齢での妊娠・出産するからといって
必ずしもリスクが伴うわけではありません。


確かに高齢出産だと「ダウン症児」の出生率が高まると
言われていますが、20代で「ダウン症」の子供を授かる人もいれば、
40歳での出産で何の障がいも持たない子供を授かる人だっています。


子供は天からの授かりもので実際、
母親の年齢とはあまり関係ないといったほうがいいのかもしれません。

40歳を過ぎたから、ダウン症児が生まれるかもしれないと
諦めてしまっていては子供を産む事ができなくなってしまいます。

生まれる生まれないか分からないのに、生まれると
仮定して子供作りをやめてしまうのは、勿体ないとも言えます。



年齢別にダウン症児が生まれる確率は上がって行きます。

20歳 1667分の1
30歳 952分の1
35歳 378分の1
40歳 106分の1
45歳 30分の1



41歳は、100人に1人の割合でダウン症児が生まれる年齢でもあります。

1%の確率ですので、ダウン症になる確率としては低いですが、
それでも20代の頃に比べたら16倍以上も確率が上がっています。


日本産科婦人科学会の定義では、35歳を過ぎてからの出産のことを
「高齢出産」といいます。


35歳を過ぎると様々なリスクが高まることから、
1993年に30歳から35歳に変更されました。


スポンサードリンク




ダウン症の予防はできる?



ダウン症に対しての確実な治療法や予防法は確立されていません。

ダウン症の予防に最も有効なのは、高齢出産を避けて、
なるべく早く赤ちゃんを産んでおくしかないのが現状です。


高齢出産を避けることが最も有効なダウン症の予防法ですが、
高齢になってしまった方については、

「卵子や精子を若返らせる」「葉酸を十分に摂取する」

この2つがくらいしか手立てはありません。


■ダウン症の特徴と一致?



はしのえみさんは、子供の写真をネットに掲載しました。

その写真の中で、

「ぱっちり二重」「目が少しつり上がっている」点は
ダウン症特有の特徴ではあるのですが、この2点が
写真で確認された様です。

勿論、他の顔の特徴である、
「耳の位置が低い」「鼻が低い」「耳の上部が折れ曲がっている」

などの特徴は見当たりませんので、これだけでダウン症と
決めつける事はできません。


はしのえみ子供の名前は?



はしのえみさんの子供の名前は、夫婦で考えた娘の名前で
「おはな」という名前です。

この名前をつけた理由は本人いわく

「おはなのように、みなさんに愛される存在になりますように…」
という願いを込めてつけたそうです。

「おはな」というと、花を連想させ女性らしさで溢れていますね。
なかなか、ありそうでなかった名前なので、珍しくて良いですね。

可愛らしい名前ですので、好印象を受けました。

そして、「おはな」には、
ハワイ語で「家族」や「心の絆」という意味もあります。

娘が、「家族のような心の絆で結ばれた人々と、
たくさん出会えますように…」そんな願いも込めたそうです。

子供への愛をたっぷり感じさせる意味があります。

きっと子供さんは、はしのえみさん夫婦の愛情を受けて、
スクスクと育っていくことでしょう。