「ダウン症の人の寿命は短いと言われていたその理由は?」

 

ダウン症の方の平均寿命は短く、長くは生きられないと
いう考え方が一昔前までは一般的に認識されていました。

一昔前のダウン症の方の平均寿命は成人を迎えられない人が
ほとんどというほど短命で、10代のうちに生涯を終えられる方が多くいました。


スポンサードリンク




その原因として、ダウン症の方はダウン症の他に先天的に
心臓疾患を患っていたり、心臓に先天的な欠損がみられたり、
また、消化器官系などにも疾患を患っている、白血病を

患っているなど合併症を併発しているケースが多く、
ダウン症自体の障害で命を落とすというよりは、

その合併症によるもので命を落とされるケースが大半を占めていたため、
一昔前のダウン症の方の平均寿命は短いとされていました。

 

ダウン症の方は先天的に合併症を患っているケースが多くあります。

そのため、合併症の発症する年齢も低く、若くして病に
侵されてしまう事が多いため、その事が平均寿命が下がる原因とも言えました。

 

また、一昔前の医療技術では、心疾患や白血病など重い
合併症を発症している方への治療法が確立されていなかったり、
治療が上手くいかなかったケースなどでも平均寿命が短い、
低かった原因でもありました。

 

「最近はダウン症の方の平均寿命は上がってる?」


 
未だにダウン症の方の平均寿命は短いと
思いこんでいる方も多くいると思います。

合併症を発症していて、重症度の場合、一般的に若いと
される年齢で生涯を終えてしまう方も多くいますが、昨今、
医療技術の急速な進化のおかげで合併症を発症していても
命が救われるケースが増え、その結果、ダウン症の方の
平均寿命は大幅に上がりました。

 
一昔前までは成人を迎えるのは難しい、成人を迎えたとしても、
親の高齢まで生きる事は難しかったですが、今現在、ダウン症の
方の平均寿命は50歳以上と飛躍的に延びました。

 
これは、合併症である疾患への治療方法が
確立されつつある結果と言えます。

 
決して長生きとは言えない数字かもしれませんが、
これはあくまで平均値。

 
50歳を越えても元気な方は年々増えています。
また、ダウン症の方が全員、合併症を発症するという事で
はないため、(発症しない方もいらっしゃいます。)

この平均寿命を大きく越えて長生きする方も多くいます。


スポンサードリンク





「ダウン症の方の平均寿命を延ばすために出来る事」


 
ダウン症の方の合併症の重症度は一人ひとり違いはありますが、
合併症に対しての定期的な検診や検査をしっかり行える環境を整え、
早期発見、早期治療、適切な処置が行われれば平均寿命を
伸ばしていく事が出来ます。

 
また、ダウン症の方は筋力が元々弱く運動不足になりがちです。

筋力の低下は障害のない人でも同じことが言えますが、
肥満体質を作る原因にもなり、生活習慣病へと繋がり兼ねません。

 
また、運動不足、筋力の低下は精神面でも悪い影響を及ぼす
可能性があり、平均寿命と何ら関わりない物と思われがちですが、
生活習慣の見直しや指導、運動を生活に取り入れるといった事も
ダウン症の方の平均寿命を延ばす鍵になります。

 

「周りの協力の重要性」


 
合併症へのアプローチや健康管理などダウン症の方自身が
出来る事というのは障害を持っていない人と比べると
自分自身での管理はとても難しい事です。

 

そして、これらの事は周りの人の協力が絶対的に必要になります。
ある意味、ダウン症の方の寿命は周りの人の協力にかかっていると
言っても過言ではない部分があります。

もちろん、ダウン症という障害を持っていても自立している方も
沢山いますが、それでも、周りの人の協力は絶対必要です。

 
ダウン症の方の平均寿命を延ばしていく事は医療の発達、
進歩と共に、周りの方の協力なしでは叶えられなかった事でもあるので、
ダウン症の方を支えている人の努力の結果だと思います。

 

そして、その協力がとても寿命を延ばす重要なポイントとなります。