<成長曲線とは?>



成長曲線とは、子供の成長して行く様子を確認する時に役立ちます。


例えば、子供の生まれた時間ごとにその身長や体重を測定して、
グラフに記載して行くとその成長のしていく様子が分かりますよね?


きちんと子供の成長曲線のグラフを付けて行く事によって、
子供の病気を気が付く事に関係する可能性も考えられます。


<ダウン症候群の成長曲線は普通の子供の平均より遅い?>



ダウン症候群の成長曲線は普通の子供の平均と
比較すると遅い傾向にあると言われています。


スポンサードリンク




ただ、普通の子供の成長曲線のグラフがあるように、
ダウン症候群の子供の成長曲線のグラフと言う物があるのです。


ダウン症候群の子供の保護者の方で成長曲線が気になる場合は、
ダウン症の子供の成長曲線のグラフを手に入れると良いと思います。


それでは、ダウン症候群の成長曲線は普通の
子供の平均と比較するとどれぐらい遅いのでしょうか?


ダウン症の子供は身長は普通の子供と比較すると、
-2SD程度が平均になると言われています。


よって、ダウン症の子供が普通の子供と
比較して身長の成長が遅いなと思っていても、


実はダウン症の子供の身長の平均に
近接していたと言うケースも考えられます。


更に、ダウン症の子供の成長曲線は12歳を
迎えると伸び率が悪くなると言われています。


よって、ダウン症の方によって身長の高さは異なりますが、
普通の人と比較すると身長は低めになる傾向にあるようです。


ダウン症候群の子供の保護者の方で、普通の子供の
成長曲線の平均との違いが気になる方もいるかも知れません。


ただ、ダウン症の子供が普通の子供との成長曲線が
違うに着目されるよりも、子供自身が健やかに
成長しているのかに着目される方が大事なのではと思います。


<ダウン症候群の子供の特徴>



ダウン症候群の子供は外見にも特徴が表れるとされています。


ダウン症の子供の顔の特徴に関して紹介します。


スポンサードリンク




目の釣っている様な形である事や、
鼻の高さが低めである事も特徴の1つだとされています。


顔は比較的起伏が激しくなく、
平坦な印象を受ける傾向にあるのが特徴だと言われています。


普通の子供と比較すると耳の付いている位置は下の方にある事や、
目が二重であると言うのもダウン症の子供の特徴であるとされています。


また、ダウン症の子供は顔だけではなく、体にも特徴が表れるとされています。
ダウン症の子供は手にますかけ線が表れているのも特徴です。


ただ、ますかけ線はダウン症の子供だけに表れる訳ではないので注意が必要です。
このますかけ線を持っているのは、現代の著名人の方の中にもいるのです。


ますかけ線以外のダウン症の子供の手の特徴と言えば、
手の指の長さが短いとも言われています。


更に、外見以外にもダウン症の子供の特徴が表れる場合があります。


ダウン症の子供は普通の子供と比較して、
言葉の面での成長が遅れるケースが見られる事も特徴だと言われています。


ダウン症の子供は、中々言葉の発音が上手く出来ない事例もあるようです。


ダウン症の子供は筋肉の力が弱いと言う特徴も見られ、
それによって赤ちゃんの頃はミルクの飲む量にも影響が出る場合も考えられます。


筋肉の力が弱いのでダウン症の赤ちゃんはミルクを上手く飲めずに、
飲む量が少なくなってしまうケースも見られるのです。

参照:ダウン症エコー10週目11週目12週目13週目14週目

参照:ダウン症の血液検査で陽性になる時期いつから?妊娠初期は?


<まとめ>



ダウン症候群の子供の成長曲線は普通の子供の平均より
遅い傾向にあると言われている事が判明しました。


ダウン症候群の子供の成長曲線が普通の子供の平均より遅くても、
保護者の方はその子供なりの成長して行く様子を見守ってあげる事をおすすめします。


ただ、ダウン症の子供が病気を引き起こしていないか注意する事も大事です。