<21トリソミーの妊娠中のエコーの胎児の特徴とは?>



まず、21トリソミーの胎児は手の指の長さが
短いと言う特徴が見られる場合があります。


胎児の手足の長さが短いと言う事も
21トリソミーの特徴であると言われています。


ただ、エコー写真によっては、
偶然胎児の手足が短いように写った可能性もあるようです。


スポンサードリンク




また、21トリソミーは顔に特徴が表れるとも言われています。


例えば、胎児が21トリソミーだった際には
鼻に特徴が表れている場合があります。


21トリソミーだった場合は、妊娠13週目以降になっても
胎児の鼻がまだ形作られていない傾向にあるのも特徴だとされています。


子供が出産した後も21トリソミーの場合は、
その鼻が低い特徴が見られる事があります。


ちなみに、ダウン症の子供は平たい様な
状態の顔になっている特徴もあります。


更に、21トリソミーの子供は心臓に先天性の
病気を患っている場合も珍しくないです。


そこで、心臓に異変があるのも21トリソミーの
特徴であるとも言われています。


例えば、心臓の形状に異変がある事等が挙げられます。


この他にも、21トリソミーか胎児をエコーで
チェックする時にNTを見る事があります。


このNTと言うのは、Nuchal Translucencyの略であり、
こちらが3mm以上あると21トリソミーである倍率が
上がるとされているのです。


ただ、NTだけでは胎児が21トリソミーであるかは、
はっきりしないようです。


エコー検査でNTが確認されても、
健常児が生まれて来るケースも考えられます。


ここまで21トリソミーの妊娠中のエコーの胎児の特徴を紹介しました。


ただ、妊娠中のエコー検査を受ける事によって、胎児が
21トリソミーであるかどうかをはっきりと白黒付ける事は難しいです。


スポンサードリンク




あくまでのエコー検査は21トリソミーの
可能性があると言う段階に留まる事になるようです。


<妊娠中に胎児が21トリソミーかどうか検査する方法>




妊娠中に胎児が21トリソミーかどうか検査する方法は、
母体血清マーカー検査・羊水検査・絨毛検査・新型出生前診断もあります。


もし、子供が生まれる前に21トリソミーか検査を受けたい場合は、
これらの検査を検討してみるのも良いと思います。


しかし、これらの検査は受ける事の出来る時期・
掛かる金銭・検査を受けるに当たってのリスク・
その検査方法自体にも差異があるので注意する事が必要です。


例えば、母体血清マーカー検査に掛かる金銭は大体1万円位だとされていますが、
新型出生生前診断に掛かる金銭は大体20万円位だと言われています。


あくまでも料金面だけを見てみると、随分と開きがある事が分かります。


料金面だけではなく、
その他の面も含めて総合的に比較して決めると良いかも知れません。


<21トリソミーの原因とは?>



21トリソミーは、21番目の染色体に
異常が発生した事が原因となっています。


本来は2本である筈の染色体が3本となってしまっているのですね。


21トリソミーはこのような事が原因なので、
残念ながら根元から治療する方法は見つかっていないのです。


ただ、21トリソミーは合併症を引き起こす場合も少なくありません。


21トリソミーの方が合併症を引き起こした場合は、
そちらの症状は治療できるケースがあります。

参照:ダウン症は虎や犬や猫などの動物にもある?

参照:ダウン症エコー8週目9週目10週目11週目


<まとめ>



21トリソミーの胎児の特徴を知っていた場合は、
自分のエコー検査を受ける機会にこの子は
21トリソミーではと疑問に覚える事もあるかも知れません。


そのような場合は、病院の先生に質問をして見るのも方法でしょう。


エコーだけでは21トリソミーか断定する事は困難ですが、
妊娠されている方が1人で悩んでいるのも良くはないと思います。


加えて、紹介した様な21トリソミーかどうか
検査する方法を受ける事を検討するのも良いかも知れません。