<18トリソミーのエコーの特徴とは?>



まず、18トリソミーは先天的に心臓に問題が
見られる場合が多いとされています。


エコーで胎児の時に心臓に問題が見られる場合が
あるのも特徴の一つと言えると思います。


この18トリソミーの先天的な心臓の病気としては、
単心室・心室中隔欠損症等が挙げられます。


スポンサードリンク




ちなみに、18トリソミーの子供は心臓の病気が
原因でいなくなる事例も見られます。


また、18トリソミーは耳の形や足の形に
異変があるケースもあるのが特徴です。


耳の位置が低い特徴や両目の間が
離れている特徴が見られる場合もあります。

更に、胎児が18トミソリーだった場合は、
単一臍帯動脈と言う症状が見られる場合も少なくないようです。


よって、18トミソリーのエコーの特徴として、
単一臍帯動脈も挙げられる事が考えられます。


それでは、この単一臍帯動脈とは何なのでしょうか?



この単一臍帯動脈は、本来は2本ある筈の臍帯の
動脈が異変を起こして1本しかない状態の事を指します。


ちなみに、臍帯には静脈の方もあり、こちらの本数は1本となっています。



ただ、エコーで18トリソミーに見られる場合の
ある特徴が観察されてからと言っても、胎児が
18トリソミーであるとは完全に言いきる事は出来ないようです。


エコーで18トリソミーの特徴が複数見られた事によって、
胎児が18トリソミーの可能性が考えられると言う形になるようです。


<18トリソミーの原因とは?>




18トリソミーは染色体の18番目が通常は2本であるが、
1本多い3本の状態になっている事が原因です。


18トリソミーは染色体の異常が原因となって起きていると言う訳です。


このように18トリソミーは先天的な原因となっており、
こちらの障害を完璧に治療する方法はないと言われています。



更に、母親の年齢も18トリソミーの子供が
生まれる確率に関係があると言われています。


母親の年齢が高くなる程、18トリソミーの子供が
生まれる確率も高くなると言われています。


ちなみに、子供が生まれる前に18トリソミーであるか検査する方法もあります。


スポンサードリンク




先程説明したエコーも、その方法の一つであると言えます。


他の検査方法としては、絨毛検査・母体血清マーカー検査
・羊水検査・新出生前診断が挙げられます。


もし、これらの検査を受けたいと思っているのなら、
どのような検査か調べておく事をおすすめします。


加えて、出産後にも子供が18トリソミーか検査する方法は存在します。



<18トリソミーとは?>




18トリソミーは、エドワード症候群とも言われています。


このエドワード症候群と言う名称は、
発表者の名前にちなんでいるとされています。


18トリソミーの種類には、
転座型とモザイク型と標準トリソミー型が見られます。



18トリソミーの種類で患者数が多い順に紹介すると
標準トリソミー型・モザイク型・転座型になります。


また、この18トリソミーでは、
生まれてから1年以内にいなくなる事例も少なくありません。


18トリソミーの胎児が流産してしまうと言うケースもあるのです。
更に、18トリソミーで合併症を引き起こす場合も見られます。


18トリソミーの合併症の一例としては、
斜視・心内膜床欠損症・鎖肛・白血病・甲状腺機能低下症等が挙げられます。


18トリソミーが合併症が起きた場合は、
その症状が重くなるケースも見られます。


他にも、18トリソミーの男女比ですが
男性よりも女性の数の方が3倍多いとも言われています。

参照:ダウン症の知能指数は?知的障害と比較

参照:ダウン症は血液検査で精度99%で病院で判別できる?


<まとめ>



18トリソミーには、
外見上の特徴が表れる場合がある事が分かったと思います。


実際に子供を出産してその外見から
18トリソミーではないかと考えられるケースもあるようです。


この外見上の特徴もエコーで観察されるケースもあるようです。