妊娠9週目10週目11週目でダウン症は
エコーで判明するかは気になる所かも知れません。



そこで、妊娠9週目10週目11週目で
ダウン症がエコーで判明するかを説明します。


また、妊娠9週目10週目11週目で、
エコー以外でダウン症の検査をする方法等に関しても説明します。


スポンサードリンク






<ダウン症はエコー検査で判明するのか>



そもそもダウン症はエコー検査では判明するのでしょうか?

こちらはお腹の中の子供がダウン症であるかは、
エコー検査では明白には判明しないようです。



ただ、ダウン症の特徴をお腹の中の子供が
特徴の表れているかどうかを観察するようです。


エコー検査でお腹の中の子供がダウン症ではないかと
考えられても、実際に生まれた子供はダウン症ではなかった
ケースもあるので注意する事が必要です。



<妊娠9週目でダウン症はエコーで判明するか>



妊娠9週目の段階では、
お腹の中の子供のダウン症の特徴が表れているか観察しにくいようです。


妊娠9週目と言えば、これから子供は大きくなって外見が変わって行く所だからです。
妊娠9週目頃で子供がダウン症であるかエコー以外で検査する方法もあるようです。


例えば、絨毛検査は妊娠9週から
妊娠14週程度の期間に受けられるとされています。


この絨毛検査は妊娠されている方の絨毛が必要であり、
こちらの費用としては15万円程度であると言われています。


<妊娠10週目でダウン症はエコーで判明するか>



妊娠10週目でも胎児の体は大きくなって体が変わっていく所です。
しかし、それでもダウン症の特徴が見られる様になる場合もあります。

お腹の中の子供の心臓に異変を観察したケース等が例として挙げられます。


この妊娠10週目頃に子供がダウン症であるか検査する方法としては、
先程説明した絨毛検査以外の検査方法もあるので紹介します。


その検査は新型出生前診断(NIPT)とされています。


この新型出生前診断(NITP)は、
妊娠10週から妊娠22週程度に受けられるようです。


新型出生前診断(NITP)を受ける為には、
幾つかの条件があるので注意する事が必要です。


スポンサードリンク




<妊娠11週目でダウン症はエコーで判明するか>



妊娠11週目ではダウン症のエコーで、
どんな特徴が観察される事があるのでしょうか?


まず、お腹の中にいる子供の首の後ろの部分のむくみが挙げられます。


この首の後ろの部分の浮腫みはNTとも言われるようになり、
こちらの厚さを測るケースもあります。


<妊娠している時にエコーで、子供がダウン症である時に見られる場合のある特徴とは?>



上記で少し紹介した場合以外にも、
妊娠している時にエコーで子供が
ダウン症である時に見られる場合のある特徴もあります。


まず、子供がダウン症の場合は手足の長さに特徴が表れる事があります。


ダウン症の子供の特徴の一つとして、
手足の長さが短いと言う物があるのです。


また、鼻の骨や手の指に特徴が見られると言うケース等もあります。


もし、妊娠されている方自身の子供のエコー検査をした時に、
もしかしたらダウン症の特徴ではと思い悩んでしまうケースもあるかも知れません。


ただ、エコー検査の結果でダウン症ではと自分自身で考え込んでしまうよりも、
そちらを医者の方に聞いて見ると良いかも知れません。


参照;妊娠中のエコーでダウン症はいつから分かる?

参照:ダウン症の血液検査で陽性になる時期いつから?妊娠初期は?

<まとめ>



妊娠9週目妊娠10週目妊娠11週目に、
エコーで子供がダウン症であるかを明確に判明する事は出来ません。

妊娠9週目妊娠10週目妊娠11週目以外の期間でも、
エコーで子供がダウン症であるかを明確に判明する事も同様に出来ません。

ただ、エコー検査によって子供がダウン症である疑いのあると言う形になるようです。


妊娠中に子供がダウン症か検査する方法は、
エコー検査以外にもある事を確認しておいたも良いかも知れません。