妊娠をしている方で胎動とダウン症の関係を気にしている方もいるでしょう。
今回は胎動の強い弱いとダウン症の確率は関係あるのか等を説明します。



<胎動の強い弱いとダウン症の確率は関係あるか?>



胎動の強い弱いとダウン症の確率は関係あるかは判明していない形になっています。


妊娠中には胎動の強い弱いがダウン症の確率が関係あると言う事は、
医学的な見地からは明確な根拠はないと言われているのです。


スポンサードリンク






よって、胎動の強い弱いによって、
自分だけでダウン症だと思い詰めてしまう事は避けた方が良いと思います。


妊娠中には胎動の強い弱いがダウン症の確率は気になる情報かも知れません。
ただ、はっきりした根拠のない情報を意識し過ぎる事はあまりおすすめ出来ません。


妊娠中の胎動に関する噂は、この他にも色々な物があります。
そちらの情報に関しても、鵜呑みにし過ぎないように気を付けた方が良いかも知れません。



<ダウン症の赤ちゃんに表れる事のある特徴とは?>




ダウン症の赤ちゃんは、どのような特徴が表れる事があるのでしょうか?
まず、ダウン症の赤ちゃんは外見やその様子に特徴が表れる場合があるようです。


ダウン症の赤ちゃんは、手の平に猿線と言われている手相が表れるケースがあります。
ダウン症ではない赤ちゃんでも、猿線は表れる場合があるので注意した方が良いでしょう。


また、ダウン症の赤ちゃんの顔は、
その目が釣っている特徴が表れる場合もあるとされています。


他にも、ダウン症の赤ちゃんは、
健常児の赤ちゃんと比較すると泣かないと言う特徴が見られる事もあるようです。



<妊娠中に子供がダウン症であるかを検査する方法>




妊娠している期間に子供がダウン症であるかを検査したい方もいるでしょう。


そこで、妊娠している期間に子供がダウン症であるかは、
検査する方法はどんな物があるか気になる点だと思います。


そこで、妊娠している期間のダウン症の検査する方法を説明します。


まず、羊水検査を受ける事が可能な期間としては、
妊娠15週から18週頃だとされています。


この羊水検査の費用は大体10万円から15万円程度となっています。


この羊水検査の正確性は完璧であるとは言えませんが、
それでもダウン症の検査では99%よりも高い正確性だと言われています。


ただ、羊水検査の方法には、危険性も伴うので注意する事が大事です。
例えば、羊水検査を受ける事によって流産が起きる事も考えられるのです。


スポンサードリンク




また、新出生前診断(NITP)と言う検査方法もあります。

この新出生前診断(NITP)を受ける事が可能な期間は、
妊娠10週から妊娠18週程度です。


新出生前診断(NITP)の費用は、20万円程度と言われています。


新出生前診断の検査を実施している病院の数は充実している訳ではないとされています。


更に、母体血清マーカーテストと言う検査方法も存在しています。


この母体血清マーカーテストを受ける事が可能な期間は、
妊娠15週から妊娠21週頃だとされています。


母体血清マーカーテストの費用は、1万円から3万円程度となっています。
この母体血清マーカーテストの検査方法は、正確性が完全な物ではありません。


この他にも、絨毛検査を受ける事が可能な期間は、
妊娠9週から妊娠13週位だとされています。


ちなみに、絨毛検査の費用は10万円から15万円位だと言われています。


<まとめ>



妊娠している時の胎動の強弱でお腹の中の
子供がダウン症であるかは判明する事は考えにくいです。


参照:ダウン症の新生児のミルクの飲み方や泣き声や横顔!

参照:ダウン症の行動パターンと性格

赤ちゃんがダウン症か知りたいのであれば、
妊娠中や出産後に検査する方法もあります。


また、出産後の赤ちゃんのダウン症に表れる場合のある特徴もあるのです。


子供がダウン症であるか知る事を希望しているのであれば、
これらの様な情報の方をチェックしておいた方が良いと思います。