超高齢出産と言うと年齢を重ねた女性が子供を出産する
イメージがありますが、具体的には何歳からでしょうか?


また、超高齢出産の場合は、不妊治療で妊娠する形になるのでしょうか?


今回は、この超高齢出産の年齢は何歳からと
不妊治療で妊娠の形になるか等を説明します。


<超高齢出産の年齢は何歳から?>




超高齢出産の年齢は50歳からとなっています。


スポンサードリンク







この超高齢出産の実例は、日本や海外でもあります。


高齢出産は35歳以上の初産婦であるとされており、
超高齢出産と年齢の面を比較すると差がある事が分かります。



<超高齢出産の場合は、不妊治療で妊娠する形になるのか>




超高齢出産の場合は、不妊治療で妊娠する形になるのかと
言う事は一概に言う事は出来ません。


超高齢出産であっても自然妊娠をされたと言うケースも見られます。
ただ、年齢を重ねる事によって、自然妊娠をする確率は低下するデータはあります。


25歳の時には25%から30%、35歳の時には18%、
40歳の時には5%、45歳の時には1%となっています。

データを見ると確率は低下している事は分かると思います。


超高齢出産の年齢である50歳からの年齢で
自然妊娠された方は全体的には珍しい部類に入るようです。


また、超高齢出産の場合で不妊治療を受けて妊娠された事例もあるのです。


ただ、年齢を重ねても不妊治療を受ければ短期間で
妊娠できると言う訳ではないようです。


加えて、年齢を重ねて妊娠する事によってリスクも伴う形になります。



<高齢出産のリスク>




高齢出産にリスクが伴う事を何となく知っている方は少なくないと思います。
高齢出産のリスクはどんな物があるのか説明します。


まず、年齢を重ねて妊娠をする事によって、
ダウン症の子供が生まれる確率が高くなると言うデータがあります。



スポンサードリンク




20歳は1667分の1、30歳は952分の1、
40歳は106分の1、45歳は30分の1、49歳は11分の1だとされています。


また、年齢を重ねて出産する事によって、流産の確率も高くなると言われています。
実際に高齢で妊娠された方の中には、流産されたと言う事例もあります。


ただ、高齢出産は必ず流産になると言う訳ではなく、その確率が高くなると言う事です。
この他にも、高齢出産のリスクとしては妊娠高血圧症候群等もあります。


<高齢出産の時に気を付ける事とは?>



高齢出産を行う事になったら、どのような点に気を付ければいいのでしょうか?
まず、高齢出産の時に伴うリスクに関しては知っておいた方が良いです。


高齢出産の場合は上記で説明したように妊娠高血圧症候群となる可能性が高くなるとされています。
その予防をする為には、食事の内容に配慮する事も方法の一つであると言われています。


特に食事の内容としては、塩分に対して気を付ける事が大事になるようです。
更に、年齢を重ねる事によって、ダウン症の子供が生まれる確率が高くなると説明しました。


こちらに関しては、妊娠している最中に子供がダウン症であるかを検査する方法があります。
妊娠している最中に子供がダウン症か検査する方法としては、


羊水検査・絨毛検査・母体血清マーカーテスト・新出生前診断(NITP)等があります。


実際に検査を受けるかどうかはともかくとして、
このような検査もある事は知っておいた方が良いでしょう。


この他にも、妊娠をしている最中はストレスに気を付けた方がいいようです。


参照:高齢出産のダウン症確率は?初産、2人目

参照ダウン症は遺伝性で起こる?


<まとめ>



不妊治療を受けない形で或いは不妊治療を受ける形で超高齢出産に至ったケースもあります。
しかし、年齢を重ねる事によって妊娠がしにくくなる傾向にあると言う事は知っておくべきです。


更に、高齢出産の場合にはリスクも伴うとされている事は覚えておいた方が良いでしょう。