高齢出産は発達障害のリスクを引き起こすと言う事は本当でしょうか?
また、高齢出産の場合は、それ以外にもリスクはあるのでしょうか?


今回は、高齢出産をする時の発達障害等のリスクに関して説明します。


<高齢出産は発達障害のリスクを引き起こすのか?>




高齢出産は発達障害のリスクを引き起こすと言われています。


スポンサードリンク







例えば、母親の年齢を高くなる事によって、
ダウン症の子供が生まれる確率も高くなるとのデータがあります。



20歳の時は1667分の1の確率、30歳の時は952分の1の確率、
35歳の時は385分の1の確率、40歳の時は106分の1の確率、
45歳の時は30分の1の確率とされています。


ちなみに、子供が妊娠している時にダウン症か検査する方法もあります。
高齢出産をする方では、こちらの検査を受けるケースもあります。


この検査の方法としては、
羊水検査と絨毛検査と母体血清マーカーテストと新出生前診断(NITP)等があります。


ただ、検査方法によっては流産等のリスクがある物もあるので検査を受ける事を希望するなら、
きちんと詳しい内容を確認して検討する事をおすすめします。


例えば、羊水検査に掛かる費用は10万円から15万円程度で、
妊娠15週から18週程度に受けられるとされています。

この羊水検査には、流産のリスクもあると言われています。



<高齢出産の発達障害以外のリスクとは?>




高齢出産の場合は発達障害以外にもリスクがあるとされています。


まず、高齢出産の場合は妊娠高血圧症候群となる可能性が
高くなってしまうと言われています。


この妊娠高血圧症候群の症状としては、むくみ・蛋白尿・高血圧症等が挙げられます。


この妊娠高血圧症候群は、命に関わるケースもあります。


この妊娠高血圧症候群になりやすい人としては、
高齢出産の方以外にも出産をする事が初めての方等も挙げられます。


また、高齢出産の場合は流産となる可能性も高くなるとされています。


30歳の時には10%、35歳の時には25%、
40歳の時には40%と言うデータもあります。



スポンサードリンク




この他にも、高齢となる事によって、
妊娠する事が難しくなる傾向にあると言われています。


これは女性だけではなくて、男性に関しても含まれます。


<高齢出産のメリット>



高齢出産にはリスクだけではなく、メリットもあると言われています。


まず、年齢を重ねてから出産する事で、
お金の面では心配が要らなくてもいいケースがあります。


人によっても異なりますが、若い内はしっかりと
貯金をする事も出来ていない事もあると思います。


しかし、年齢を重ねる内にお金が貯蓄するようになったので、
お金の面は気を揉まずに出産や育児に取り組める事が出来たと言う意見がありました。


また、出産をする時に年齢を重ねている事によって、
その分だけ人生経験を積んでいる事がメリットとなる場合があります。


若い内に自分の興味のある事に挑戦し終えたので、
今は出産や育児に対して気持ちを向ける事が出来る等の意見もありました。


子供を産んだから自分の興味がある事に挑戦出来なくなる訳ではないと思いますが、
子供の年齢が低い時には手の掛かる事も多いようです。



育児をサポートしてくれる人がいなければ、
自分の興味のある事を我慢する事態も発生するかも知れません。


高齢出産に関しては、このようなメリットもあるのです。


ただ、リスクも伴うので自分がどのようなタイミングで
出産したいかを考えておく事も大事かも知れません。


参照:ダウン症の原因は高齢出産?

参照:ダウン症の原因は高齢出産?

<まとめ>



高齢出産をする事はリスクがあるのは、確かになります。


しかし、高齢出産に該当する方であっても、健康に出産を終えるケースも見られています。
加えて、高齢出産ではリスクもあるが、メリットもあるのです。