ダウン症の赤ちゃんは顔つきや体に特徴が表れるケースがあります。


今回は、そのダウン症の赤ちゃんの顔つきや体の特徴と、
ダウン症の赤ちゃんの顔つきや体以外の特徴に関しても紹介します。



<ダウン症の赤ちゃんの顔つきの特徴>




ダウン症の赤ちゃんの顔つきの特徴として、
全体的に起伏に欠けている傾向にある事が挙げられます。



スポンサードリンク






また、目の特徴としては、目尻が釣り上がっている形等として表れる場合があります。
目が二重である事もダウン症の特徴であると言われています。


更に、赤ちゃんがダウン症の場合は耳の位置や形にも特徴が見られる事があります。
比較的下の方の位置に耳がある事が特徴とされています。


耳が内側に曲がっているような形状であるやその大きさが小さい事も特徴だと言われています。
加えて、ダウン症の赤ちゃんは口から舌が出ている傾向にあるのも特徴です。



他にも、特徴が鼻に表れる場合があり、こちらはその高さが低くなっている等です。


<ダウン症の赤ちゃんの体の特徴>




まず、ダウン症の赤ちゃんの体は健常な赤ちゃんと
比較すると柔らかい事が特徴として挙げられます。


これはダウン症の赤ちゃんの筋肉の強さと関係があるようです。


また、頭の形にも特徴が表れる事もあり、
後ろが平べったくなっていると言われています。


更に、ダウン症の赤ちゃんは手相にも特徴が表れるケースがあるとされています。
ダウン症の赤ちゃんには、手に猿線が表れるケースがあります。



スポンサードリンク




この猿線の別名を手掌単一屈曲線とも言われています。
この手掌単一屈曲線は、横の状態で一本線が入っているような手相です。


ただ、ダウン症でない場合でも手掌単一屈曲線が
表れるケースがあるので注意した方が良いでしょう。


知名度の高い人でも手掌単一屈曲線が表れている場合もあると言われています。
例えば、織田信長や徳川家康が手掌単一屈曲線を持っていたとされています。


加えて、ダウン症の赤ちゃんは首に特徴が表れる事が少なくないようです。
首の長さが短いと言う形で特徴が表れる場合等があります。


ちなみに、出産前に胎児がダウン症の場合は首に特徴が見られる事があり、
こちらは首の後ろの部分に浮腫み等となっています。


どのようにして胎児の頃に外見を確認するのかと言うと、
エコー検査を行う等の方法があります。


この他にも、赤ちゃんがダウン症の場合は手や足に特徴が表れるケースがあります。



<ダウン症の赤ちゃんの外見以外の特徴>



赤ちゃんがダウン症の場合は、顔つきと体の以外にも特徴が表れる場合があります。
まず、ダウン症の赤ちゃんは、比較的泣かないと言う形で特徴が表れる事があります。


ダウン症の子供は育てやすいタイプの赤ちゃんであると思われる場合もあるようです。
また、ダウン症の赤ちゃんは、あまり母乳等を飲まない事も特徴だと言われています。


あまり赤ちゃんが母乳等を飲まない事によって、
その成長に悪影響を及ぼすケースも見られます。


もし、ダウン症の赤ちゃんがあまり母乳等を飲まないようであれば、
栄養を摂取できるように工夫等を行う事になるようです。


どうしてダウン症の赤ちゃんがあまり母乳等を飲まない事があるかと言うと、
筋肉が強くないので上手く飲めない傾向にあるとされているのです。


加えて、ダウン症の赤ちゃんはよく眠るのも特徴であると言われています。

参照:ダウン症の顔!新生児、赤ちゃんの特徴

参照:ダウン症の新生児の耳や目の特徴


<まとめ>



ダウン症の赤ちゃんには、これらの特徴が見られるケースがあります。
ただ、赤ちゃんがダウン症かどうかは自分だけで判断しない方が良いと思います。


例えば、赤ちゃんが生まれる前や後でダウン症か検査する方法もあります。


ただ、出産前や出産後に子供がダウン症か検査する方法の中には、
保険が効かない方法もあるのでご注意下さい。


子供がダウン症ではないかと考えたら、病院で話をしてみると良いようです。