妊娠中のエコーでダウン症はいつ分かるのか、
妊娠中のエコーで胎児がダウン症である際に確認される場合のある特徴等に関して説明します。



<妊娠中のエコーでダウン症はいつ分かるのか>




妊娠中のエコーでは、大体11週目以上に分かるようになる場合が多いと言われています。
妊娠中のエコーでは何時になれば、完全にダウン症かを分かるようになると言う訳ではありません。



スポンサードリンク






妊娠中にエコーで胎児にダウン症の特徴が表れていないかを
観察する形の検査方法になるので完全にダウン症かは分からないのです。


この妊娠中のエコーだけでは、胎児がダウンか断定出来ない点は知っておくと良いです。
妊娠している胎児がダウン症の場合でも、エコー検査で指摘を受けない可能性もあるのです。


よって、妊娠中に胎児がダウン症かを検査したい場合は、
エコー検査だけではなく他の検査方法も検討するのも良いかも知れません。


妊娠中にダウン症かをエコー検査以外で検査する方法に関しては下記で説明します。


<妊娠中のエコーで、胎児がダウン症である際に確認される場合のある特徴>



妊娠中のエコーで胎児がダウン症である際に、確認される場合のあるのはどのような特徴でしょうか?
まず、胎児がダウン症だった場合は、心臓に特徴が表れるケースがあります。


ダウン症だった場合は、先天的に心臓の病気を持っている事があるのです。
勿論、ダウン症の胎児の全員が心臓の病気を持っている訳ではありません。


また、首の後ろの部分に浮腫が表れるケースがあります。
この特徴に関しては、NTとも言われています。


この首の後ろの浮腫みの厚みによって、
胎児がダウン症ではないかと考えられる事があるのです。


加えて、ダウン症の胎児の場合は、手足が短いと言う特徴が表れる場合があります。
この他にも、ダウン症の胎児の場合は鼻の形等に特徴が表れる事があります。



<妊娠中にエコー検査以外でダウン症か検査する方法>




妊娠中にエコー検査以外でもダウン症かを検査する方法があります。
妊娠中にダウン症の検査を受ける事を希望している場合はチェックしておいた方が良いかも知れません。


妊娠中のダウン症のエコー検査以外の検査方法としては、
新出生前診断(NIPT)・羊水検査・絨毛検査・母体血清マーカーテスト等があります。



スポンサードリンク




まず、新出生前診断(NITP)に掛かる費用としては20万円程度だと言われています。
この新出生前前診断(NITP)は、妊娠している方の血を採る形になります。


この検査の受けられる時期としては、妊娠10週から18週だとされています。
また、羊水検査に掛かる費用としては、10万円から15万円前後だと言われています。


しかし、羊水検査の掛かる費用は幅があるので、
この検査を希望している場合は費用を確認してみると良いと思います。


この羊水検査を受けられる時期としては、妊娠15週から19週前後とされています。
更に、絨毛検査に掛かる費用としては、大体10万円から15万円程度だと言われています。


この絨毛検査には、流産等の可能性も伴う事が気を付ける点になります。
この絨毛検査が受けられる期間は、妊娠9週から12周前後とされています。


この他にも、母体血清マーカーに掛かる費用としては、1万円から2万円前後だとされています。
この母体血清マーカーテストを受けられる期間は、妊娠15週から21週と言われています。


参照:ダウン症の胎動特徴は強い弱い、少ない多い?

参照:ダウン症赤ちゃんの顔つきは?年齢によって変化する?

<まとめ>



妊娠中のエコーでは、完全にダウン症か判明しない事になります。
エコー検査で指摘を受けないから、完全にダウン症ではない事には繋がらないのです。


妊娠中にダウン症の検査を行う時には、その検査方法の内容をしっかり知っておく事が大事です。


ちなみに、ダウン症の子供が出産されて、
ダウン症である事を分からないまま大人になるケースもあります。