妊娠する年齢が高くなる事によって、
ダウン症の子供が生まれる確率も高くなると傾向があると言う話を聞いた事がある方もいると思います。



そこで、28歳29歳30歳31歳32歳の妊婦のダウン症の子供が生まれる確率等を説明します。


<妊婦が28歳29歳30歳31歳32歳の時のダウン症の子供が生まれる確率>




まず、妊婦が28歳の時は1/1053の確率でダウン症の子供が生まれるとされています。



スポンサードリンク






また、妊婦が29歳の時は1/1000の確率で、
妊婦が30歳の時は1/952の確率だと言われています。


更に、妊婦が31歳の時は1/909の確率で、
妊婦が32歳の時は1/769の確率だとされています。


妊婦の年齢が上がるごとにダウン症の子供が出産される確率が高くなっている事が分かると思います。


妊婦が28歳から32の時以外のデータも説明すると、
妊婦が20歳の時は1/1667の確率でダウン症の子供が生まれるとされています。


そして、妊婦が40歳の時は1/106の確率と言われているのです。
このように確率の比較をしてみると、その差がよく分かると思います。


年齢を重ねてからの出産を考えている場合は、このようなデータもある事を知っておくと良いです。


ただ、こちらのデータは確率なので、
確実に妊婦が高齢の場合はダウン症の子供が生まれる訳ではない事を覚えておいた方が良いです。



<年齢を重ねて妊婦になる事によって、ダウン症の子供が生まれる確率が高くなる理由>




年齢を重ねて妊婦になる事によって、
ダウン症の子供が生まれる確率が高くなる理由は何なのでしょうか?


これは、妊娠される方の卵子も関係があると言われています。


年齢を重ねる事等によって卵子も老化して行く事になり、
それがダウン症の子供が生まれる一因とも言われているようです。



<出産前に子供がダウン症かを検査する方法とは?>




それでは、出産前に子供がダウン症かを検査する方法はあるのでしょうか?

出産前に子供がダウン症か検査する方法は、幾つかあるので紹介します。


まず、羊水検査と言う方法もあります。
この羊水検査を受けられる期間としては、妊娠15週から18週だとされています。


この羊水検査に関しては、リスクがあるので注意する事が必要です。
例えば、羊水検査を受けることによるリスクは流産もあります。


この羊水検査を受ける為に掛かる費用としては、10万円から15万円程度とされています。
また、新出生前診断(NITP)と言う検査があります。



スポンサードリンク




この新出生前診断(NITP)は、妊娠している方の血を採る形になるようです。
羊水検査や絨毛検査等とは異なり、検査を受ける事によって流産をする可能性もないと言われています。


この検査を受けられる期間は、妊娠10週から18週であるとされています。
新出生前診断(NITP)に関しては、検査を受けるに当たって条件があります。


この条件の一つとしては、妊娠されている方が35歳以上である事と言う物があります。


もし、新出生前診断(NITP)を受ける事を希望している場合は、
その条件に該当しているのかを確認しておくと良いでしょう。


新出生前診断(NITP)に掛かる費用としては、20万円前後だと言われています。
更に、母体血清マーカーテストと言う検査方法もあります。


この母体血清マーカーテストに掛かる費用は、1万円から2万円程度だとされています。
この他にも、絨毛検査と言う検査方法もあります。


参照:ダウン症の特徴! 新生児の耳と足に出る?

参照:ダウン症の新生児の耳や目の特徴


<まとめ>



このように妊婦が年齢を重なる事によって、
ダウン症の子供が生まれる確率が高くなると言うデータもあるのです。


もし、出産前に子供がダウン症かを検査したい場合は、
その検査方法に関してもきちんと確認しておく事をおすすめします。