妊娠をしている時に胎児がダウン症か検査する方法で、血液検査はどのような物があるのか?


その血液検査の受ける事が可能な時期に関しても紹介します。

加えて、血液検査以外の形の、妊娠中に胎児がダウン症か検査する方法に関しても言及します。


<妊娠中に胎児がダウン症か検査する方法で、血液検査の方法はどんな物があるか?>




妊娠中に胎児がダウン症か検査する方法で血液検査の方法は、
新出生前診断(NITP)と血清マーカーテストがあります。


スポンサードリンク







まず、新出生前診断(NITP)に関して説明します。
新出生前診断(NITP)に掛かる費用は、20万円前後だと言われています。


新出生前診断(NITP)に掛かる費用は、安いとは言えないのです。
この検査を受ける事が出来る期間は、妊娠10週から妊娠18週だと言われています。


他の妊娠中に胎児をダウン症か検査する方法も同様ですが、
何時の時期でも検査を受ける事が出来る訳ではないのです。


妊娠中に胎児がダウン症か検査する事を希望している場合は、
検査を受ける事の出来る期間を確認しておく事が必要になります。


新出生前診断(NITP)の検査を受けられる病院の数は充実している訳ではないので、
受ける事を希望している場合はきちんと調べる事が大事になります。


新出生前診断(NITP)の検査の結果が出るまでには、2週間程度掛かるとされています。


この他にも、新出生前診断(NITP)は全ての妊婦の方が受けられる訳ではなく、
条件に該当している必要があるのです。


それでは、血清マーカーテストに関して説明します。
この血清マーカーテストに掛かる費用は、1万円から2万円程度だと言われています。


新出生前診断(NITP)に掛かる大体の費用と比較すると、金銭的な負担は掛からないと言えます。
この血清マーカーテストはスクーリング検査となっています。


この検査を受ける事によって、完全に胎児がダウン症か判明する訳でもないのです。
血清マーカーテストの検査の受ける事が出来る期間は、妊娠15週から妊娠21週だと言われています。


この血清マーカーテストの検査の結果が出るまでには、10日程度掛かるとされています。
新出生前診断(NITP)と血清マーカーテストでは、色々と異なっている所がありますよね。


よって、妊娠中に胎児がダウン症かを血液検査の形で検査したい場合は、
事前にその検査方法と差異に関してチェックしておいた方が良いかも知れません。



<血液検査以外の形の、妊娠中に胎児がダウン症か検査する方法>



血液検査以外の形の妊娠中に胎児がダウン症か検査する方法は、
絨毛検査と羊水検査があるので紹介します。



スポンサードリンク





まず、絨毛検査に関して説明します。


絨毛検査に掛かる費用としては、10万円から20万円前後だと言われています。
この絨毛検査は、妊娠されている方の絨毛を採る形になるようです。


この検査が受ける事が出来る期間は、妊娠9週から妊娠13週だとされています。
この絨毛検査の大事なポイントとしては、流産の可能性がある事です。


流産の可能性がある事を知った上で、検査を受けるかどうかを検討する事が大事だと思います。
この絨毛検査の結果が出るまでには、2週間前後だと言われています。


また、羊水検査に関して説明します。
羊水検査に掛かる費用としては、10万円から15万円程度だと言われています。


この羊水検査を受ける事が出来る期間は、妊娠15週から18週だとされています。
この羊水検査も、流産の可能性があると言う事が注意点になります。


参照:ダウン症のエコー特徴!手グー、鼻骨

参照:ダウン症の新生児のミルクの飲み方や泣き声や横顔!



<まとめ>



妊娠している時に胎児がダウン症かを検査したい場合は、
その検査方法に関して特徴に関してきちんと知っておく事が大事だと思います。


どのような検査方法があるのかを知っておき、
そちらに掛かる費用・受ける事が可能な期間・危険性等をチェックしておきましょう。