ダウン症のエコーの10週目11週目12週目13週目14週目に関してと、
この他のダウン症の検査する方法に関しても紹介します。



<ダウン症のエコーの妊娠10週目>




エコー検査で完璧に胎児がダウン症かは分からない形になっています。
ただ、胎児がダウン症だった場合は、その特徴がエコーで観察されるケースもあるようです。



スポンサードリンク






妊娠10週目の時期には胎児も成長して来るようです。


成長によって、ダウン症の特徴も表れて来ている場合も考えられます。
例えば、胎児がダウン症だった場合は首の後ろに特徴が表れる場合もあります。


<ダウン症のエコーの妊娠11週目>




妊娠11週目位になると、胎児のNT値が測定出来るようになるようです。
NT値が測定される様な時期は、妊娠10週から14週程度だと言われています。


妊娠している時に胎児がこのNT値が高いとダウン症である事が考えられるとなるようです。


しかし、このNT値によって、必ず胎児がダウン症か分かる訳ではないのです。
エコーでダウン症のこの他の特徴が表れていないか観察される事が考えられます。


<ダウン症のエコーの妊娠12週目>



この妊娠12週の時もエコー検査でダウン症かを観察する時には、
胎児のNT値を測定したりする事が考えられます。


この他にも、エコー検査でダウン症の特徴が観察される場合もあります。


例えば、ダウン症の胎児は心臓に病気のある場合も少なくないです。
この心臓に病気を抱えている事もダウン症の特徴の一つだと言えます。


<ダウン症のエコーの妊娠13週目>



この妊娠13週目の時もNT値を測定して、胎児がダウン症か観察されたりするようです。
また、妊娠13週の時には胎児がダウン症だった際には、その特徴が鼻に表れる場合もあるようです。


この時期になっても胎児に鼻骨が形成されていないと、
胎児がダウン症である事が考えられると言われています。


スポンサードリンク





しかし、これだけでダウン症であるかは完全に判断出来る訳ではありません。
この他にも、胎児がダウン症だった場合は、特徴が表れている場合があります。



<ダウン症のエコーの妊娠14週目>



この妊娠14週目のエコー検査した場合も、
胎児がダウン症であると言う事は特徴を観察する事によります。


この場合も、エコー検査だけでは胎児がダウン症であるかは完璧には分からない形になります。



<妊娠している時に、胎児をダウン症か検査する方法>



妊娠している時に胎児をダウン症か検査する方法は他にもあります。
まず、妊娠10週から14週の期間では新出生前診断(NITP)と絨毛検査があります。


妊娠10週から14週の以降の期間では羊水検査と母体血清マーカーテストがあります。


もし、妊娠している時にダウン症か検査する事を希望している場合は、
それを受けられる期間等に関しても確認しておいた方が良いです。


新出生前診断(NITP)を受けられる期間としては、妊娠10週から18週だとされています。
絨毛検査を受けられる期間としては、妊娠9週から13週だと言われています。


羊水検査を受けられる期間は、15週から18週前後とされています。


母体血清マーカーテストを受けられる期間としては、妊娠15週から21週だと言われています。
このように妊娠している時に胎児がダウン症か検査する方法の時期だけ抜き出しても、差異がありますよね。

参照:ダウン症の新生児は猿線が両手か片手の掌にある?

参照:4Dエコーはダウン症の顔つきが分かる?



<まとめ>



妊娠している時に胎児がダウン症か検査する方法にも、
特色があるのでそちらを知っておいた方が良いと思います。


例えば、妊娠している時の胎児がダウン症か検査する方法の精度にも差があるのです。


妊娠している時に胎児にダウン症か検査する事を希望している場合は、
その検査方法に関してしっかりと調べておく事が大事になると思います。