羊水検査と聞くと、高齢の妊婦さんを
思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

もちろん、高齢の妊婦さんも受けていることが多いですが、
実際には希望すれば受けることができます。

 


スポンサードリンク




知っているようで知らない、羊水検査とは何か、
どんなふうに検査が行われるのかを、整理しておきましょう。

 
羊水検査とは、母体から少量の羊水を採取して、
羊水細胞を培養することで、胎児の染色体や
遺伝子を調べる検査のことを言います。

羊水検査で何がわかるかというと、染色体の数の異常により、
ダウン症や18トリソミー、13トリソミー、ターナー症候群、
クラインフェルター症候群などを見つけることができます。

 

また、染色体の構造の異常により、染色体の一部が切断されたり、
他に付着するなどの理由で起こる転座や、遺伝子または染色体の
位置が欠如する突然変異の一つである欠失であることがわかります。

 

さらに、羊水に含まれる胎児由来のたんぱく質であるAFP
(α-フェトプロテイン)の量を測定することで、開放性二分脊椎や
無脳症などが含まれる「開放性神経管奇形」の有無を調べることもできます。

 

そして、特定の遺伝性疾患を持つ家系の妊婦さんが、
超音波検査で異常を認められた時に、その疾患の
遺伝子の変異や酵素の変化を調べるケースもあるそうです。

 

では、羊水検査はどのような方法で行われるのでしょうか。

羊水検査は、いきなり行える検査ではありません。


スポンサードリンク




羊水検査を受けるにあたって、もし胎児に染色体異常が
見つかったらどうするのか、パートナーと事前に話し合って
おくことが必要なので、病院スタッフからリスクも含めた説明を受け、
同意することが前提です。

 

羊水を採取するために、羊水穿刺をします。

これは、妊婦さんのお腹に穿刺針を刺し、
10~15ccの羊水を採取するのです。

 

穿刺をする前に超音波検査で胎児の心拍動や発育、
羊水の量、体盤の位置が正常かどうかを確認してから行うので、
それほど危険はありません。

穿刺しているのが15~20秒程度ということもあり、
麻酔をしないで穿刺する病院も少なくないそうです。

 

羊水穿刺が済むと、再び超音波検査を行い、
胎児に異常がないかどうかを確認します。

さらに30分ほど安静にしてから、再度超音波検査を行い、
変化がなければ自宅に戻れます。

 

羊水穿刺後は、感染予防の抗生物質と、
子宮収縮を抑えるための薬を服用します。

研さ結果が出るまでに、おそよ4週間が必要とされています。

 

羊水検査が受けられるのは、妊娠13週以降となりますが、
ほとんどの妊婦さんは14~16週の間に受けているようです。

羊水検査は健康保険適用外のため、全額自己負担になります。

 

そのため、病院によって費用が異なります。

目安としては、超音波検査も含めて6~15万と、かなり幅があります。

 

この他に、遺伝カウンセリング料金を求める病院もあります。
お腹に針を刺すのですから、当然、羊水検査にはリスクが伴います。

羊水検査が原因で、1000人に1~3人が流産しています。

 

ただし、検査できる週数は妊娠初期にあたるので、
その中には自然流産も含まれていることが予想されます。

また、検査を受けた1000人のうち15人程度は、羊水は採取できても、
胎児細胞が培養できず、再穿刺を行う人もいます。

 
羊水検査を受けると、ダウン症については、
100%近い確率で見つけることができます。

ですが、先天的な病気の20%ほどが、遺伝子異常や染色体異常に
よるものと言われており、そのすべてを羊水検査で見つけることができません。

 

35歳以上の妊婦さんになると、加齢と共にダウン症の発生率が
あがっていくことから、受ける人が多くなるのが現状です。

リスクや費用なども理解した上で、
自分にとって必要な検査がどうかを判断しましょう。