ダウン症は血液検査で精度99%で病院で判別できる方法はあるのでしょうか?


そのようなダウン症の検査方法があれば、知っておきたい所です。


今回は、そのダウン症の検査方法等に関して説明します。



<ダウン症は血液検査で精度99%で病院で判別できるのか?>



ダウン症は血液検査で精度99%で病院で判別できるとは言い切れません。


まず、妊娠されている方が血液採取をされる事によって、
胎児がダウン症か検査できる方法の一つとして新型出生前診断(NITP)があります。


スポンサードリンク







この新型出生前診断が精度99%であると言われていた事があるのです。


ただ、新型出生前診断の精度に関しては、
踏み込んで理解をした方が良いと思います。


新型出生前診断の結果が陽性だった場合はその可能性がある事になりますが、
実際には結果が間違っていたケースもあるようです。


一説によると新型出生前診断の結果が陽性的中率は、
母親の年齢によっても大きく異なって来ると言われています。


ただ、新型出生前診断の陰性的中率は99%以上と言われています。


この新型出生前診断の掛かる費用は20万円程度とされており、
一般的に考えて検査に掛かる費用としては高い金額であると言えます。


この検査が受けられる期間は、妊娠10週から18週だとされています。


この新型出生前診断が受けられる病院は全国規模で見ても多いとは言えませんし、
この検査には保険も適用されない形になっています。



<新型出生前診断以外で血液を採取する形でダウン症を検査する方法はあるのか?>




新型出生前診断(NITP)以外で血液を採取する形で、
妊娠している子供をダウン症か検査する方法はあります。


こちらは妊娠されている方の血液を採取する事になります。


その検査の方法は、母体血清マーカーテストです。


この母体血清マーカーテストは新型出生前診断と比較すると、
費用の方は格段にやすくなっています。


この母体血清マーカーテストの費用は1万円から3万円程度です。
これは新型出生前診断の目安の費用の4分の1以下となります。



スポンサードリンク




ただ、母体血清マーカーテストの精度は、
新型出生前診断の精度と比較すると低くなると言われています。


この母体血清マーカーテストが、
受けられる期間は妊娠15週から21週前後です。



<紹介して来た以外の妊娠している子供がダウン症か検査する方法があるのか?>



新型出生前診断(NITP)と母体血清マーカーテスト以外にも、
妊娠している子供がダウン症か検査する方法はあります。


まず、絨毛検査と言う検査方法があり、精度に関しては98%と言われています。
絨毛検査は妊娠されている方の絨毛を採取する事になります。


この絨毛検査に掛かる費用は、10万円以上だとされています。
絨毛検査に掛かる費用は、安い金額だとは言えませんよね。


加えて、絨毛検査を受ける事によって流産をする可能性もあります。
この検査を受けられる期間としては、妊娠9週から13週程度です。


また、羊水検査と言う検査方法があり、精度に関しては99%以上と言われています。


羊水検査は、妊娠されている方の羊水を採取する事になります。
この羊水検査に掛かる費用は、10万円前後だと言われています。


ただ、この羊水検査を受ける事によって流産の可能性もある事も注意点です。
この羊水検査を受けられる期間は、妊娠15週から18週程度です。


<まとめ>



ダウン症の検査方法は色々な物があるので、その内容をきちんと知っておく事が大事です。
その検査を受けられる期間や胎児に対するリスク等はチェックしておく事が肝心です。


検査によっては、実施している病院が多くない物もあるので注意した方が良いでしょう。
更に、子供が生まれた後にダウン症か検査する方法はDNA検査があります。


参照:ダウン症芸能人