ダウン症の知能指数はどれぐらいなのでしょうか?
そこで、ダウン症の知能指数と知的障害の比較に関して紹介します。



<ダウン症の知能指数とは?>



ダウン症の方の平均の知能指数に関しては50程度とされており、
ダウン症の子供の知能指数は30~59程度である事が過半数を占めていると言われています。


ちなみに、健常者の知能指数は85~100だと言われています。



スポンサードリンク






勿論、ダウン症の方によっても知能指数は異なっており、
60以上の知能指数の方もいるようです。



<知的障害の知能指数とは?>



知的障害の知能指数は一定ではありません。
知的障害は知能指数の低い程重いとされているようです。


知能指数が幾つから知的障害に当て嵌まるかと言うと70からより下の数値からとなっています。


軽度知的障害の場合は、知能指数は70から50程度だとされています。
精神年齢が9~12歳程度とされており、自立をして社会生活を送っている方もいます。


更に日頃の生活を送る上であまり支障がでないので、
自分自身も知的障害である事に気が付かないケースもあります。


ちなみに、この知能指数が70から50に当たる軽度知的障害は、
知的障害の全体の約8割に当たるとされています。


中度知的障害の場合は、知能指数は50~35程度です。


ちなみに、この中度知的障害は知的障害の中では1割程度だと言われています。
中度の知的障害は、毎日の生活で自分に必要な事を自立して行えない傾向にあります。


重度知的障害は、知能指数は35~20程度です。
この重度知的障害は、学力面等でも遅れが分かりやすいようです。


最重度知的障害は、知能指数は20以下です。


最重度知的障害は意味のある言葉を発する事が出来なかったり、
話している内容が分からなかったりする傾向が見られるようです。



<ダウン症と知的障害の比較>



まず、比較する前に疑問に感じられる事があると思います。
まず、説明したようにダウン症の知能指数の平均は50となっています。


よって、ダウン症は知的障害を持っている事になるのではと思われるかも知れません。
こちらに関しては、ダウン症の方によると言えます。


実際に、ダウン症の方で知的障害を持っている方は少なくないとされています。
ただ、ダウン症の知能指数は人によって様々です。


よって、全てのダウン症の方が知的障害を持っている訳ではないと言われています。


ダウン症と知的障害と比較をすると、
ダウン症の方は外見に特徴が表れる傾向にあるとされています。



スポンサードリンク




まず、手の平にますかけ線が表れている事が特徴の一つです。


ただ、ダウン症の方だけにますかけ線が表れると言う事ではなく、
著名人の方でもますかけ線があるとされている方もいます。


また、健常な人と比べると顔が平たいと言う特徴が表れる場合があります。
更に、目と目の間が離れている特徴や、釣り目である特徴等が見られる事があります。


この他にも、健常な人と比べて耳が下の方に付いていたりする場合がある事等が特徴として挙げられます。


これに対して、知的障害の外見的特徴に関しては明確な事を言える事が出来ないようです。
これもダウン症と知的障害の差異と言えるかも知れません。



<まとめ>



ダウン症の平均知能指数は50程度であるとされており、
知的障害の知能指数は70以下からとなっています。


基本的にはダウン症は知的障害を伴う事が少なくなく、その度合いも様々となっているようです。


例えば、ダウン症でも軽度知的障害の方もいれば、重度知的障害の方もいるとされています。


ただ、全てのダウン症の方が知的障害を持っている訳ではないとされています。
ダウン症と知的障害を比較すると、外見の特徴が確認されているか等の差があります。

参照:ダウン症芸能人