ダウン症の検査の方法をご存知でしょうか?


また、ダウン症の治療が可能なのかも知っておきたい点ですよね。
ここでは、ダウン症の検査の方法と治療に関して説明します。



<ダウン症の検査の方法とは?>



出産前に妊娠した子供がダウン症か検査する方法に関して紹介します。
まず、新型出生前診断と言う方法があり、掛かる費用に関しては20万円程度となっています。


スポンサードリンク








検査の為に掛かる費用としては、比較的高額な印象を受けるかも知れません。


この新型出生前診断はお腹の中の子供が、
ダウン症か知りたい母親の血を採取する形で検査をする事になります。


この新型出生前診断の方法には、
保険が適用されない・検査を受けられる病院が多くない等の側面も持っています。


ちなみに、新型出生前診断の検査を行っている病院は全国規模で見ても百に満たないのです。


こちらの検査を受けられる期間は妊娠10週から18週だと言われているので、
新型出生前診断の検査を希望している場合は覚えておくと良いかも知れません。


また、母体血清マーカーテストと言う方法もあり、掛かる費用としては1万円から3万円程度となります。
新型出生前診断の大体の目安の額と比較すると、半分以下の費用になります。


こちらの検査方法は、
胎児がダウン症か検査する事を希望している母親の血を採集する形になります。


ただ、この母体血清マーカーテストは完璧な精度であると言う訳ではなく、
スクリーニング検査である事は忘れない様にする事が肝心になります。


ちなみに、こちらの検査を受けられる期間は15週から21週だと言われています。
更に、絨毛検査と言う方法もあり、掛かる費用は15万円程度とされています。


こちらの検査方法の注意点は、流産の可能性もある事です。


絨毛検査はその名前の通りに検査を希望している母親の絨毛を採集する形になり、
この検査を受けられる期間としては妊娠9週目から13週目だとされています。


加えて、羊水検査と言う方法もあり、掛かる費用としては15万円程度となります。
ただ、当たり前ですが受ける病院によっても差異があるので掛かる費用には幅があると言えます。


しかし、羊水検査に掛かる費用は安い金額とは言えませんよね。


この羊水検査の重要な点は検査を受ける事によって流産の可能性もある事で、
こちらをきちんと知った上でよく検討する事が大事だと思います。



スポンサードリンク




次に、出産後に子供がダウン症か検査する方法としては、DNA検査があります。



<ダウン症は治療が可能なのか?>




まず、ダウン症の染色体は47本となっており、健常な人間よりも1本多いのです。
この染色体の異常によって、ダウン症が発症する事になります。


このダウン症を完治させる治療に関しては、判明していないとされています。


ただ、ダウン症の方は発症しやすいと言われている病気があるので、
そちらに関しては,きちんと対応する事が必要となるようです。


発症しやすいと言われている病気の例としては、
十二指腸閉鎖・心房中隔欠損症・眼振等が挙げられます。


更に、ダウン症を完治させる事が出来なくても、
療育事等によって本人の成長をサポートする事が大事なようです。


この療育を受けるのは、早いタイミングである事が望ましいとされています。



<まとめ>



ダウン症の検査は受けられる期間や費用や危険性が異なっているので、
希望している場合はそれらをきちんと確認する事が大事になります。


出産前に受けられる検査によっては流産の可能性もある物もあるので、
その点に関しても充分理解した上で検討する事をおすすめします。


また、ダウン症の完治をする事は出来なくても、
療育を検討する事や併発した病気を治療する事等は行う事が必要と言えます。


参照:ダウン症芸能人