高齢出産のダウン症確率はどうなるのか、
高齢出産の初産か2人目かによって確率は変わるのか、
男性側はダウン症の子供が生まれる事に関して、
どのような要因があるのかを説明します。

 

<高齢出産のダウン症確率はどうなるのか?>

 

一般的に高齢出産の場合はダウン症確率が高くなると言われています。
30歳で母親が出産した時には、ダウン症の子供が生まれる確率は1/952です。


スポンサードリンク




 

35歳で出産した時は、生まれてくる確率は1/378、
40歳で出産した時は、生まれてくる確率は1/106となっています。

 
何故、母親が年齢を重ねる事によって、
ダウン症の子供が生まれる確率が高くなるのでしょうか?
母親の卵子が関係してくると言う説があります。

 
まず、母親の年齢が高くなる事によって、
その卵子にも問題が起こりやすくなるようです。
これによって、ダウン症の子供が生まれる確率が高くなると言われています。

 

ただ、高齢出産をする事によって、
ダウン症の子供が100%出産される訳ではないのでご注意下さい。

 

上記では高齢出産のダウン症確率に関して説明しましたが、
高齢出産の場合は色々なリスクを伴うと言われています。

 

例えば、流産の可能性が高くなったり等と言う事が挙げられます。
高齢出産をされると言う場合は、こちらに関しても理解しておいた方が良いようです。

 

 

<高齢出産の初産か2人目かによって、ダウン症確率は変わるのか?>

 

 

高齢出産の初産か2人目かによって、
ダウン症確率は変わるのかは気になる点だと思います。


スポンサードリンク



初産か2人目かと言う事は、ダウン症の子供が生まれる確率に影響がないようです。

 

例えば、初産が理由でダウン症の子供が、
生まれる確率が高くなる事はないと思います。

 

初産か2人目かよりも、その年齢等によって確率は変わって来るとされています。
ちなみに、子供が生まれる前にダウン症かどうかを検査する方法もあります。

 

実際に出産前にダウン症かどうかの検査を受けるかは、
ご家庭の考えや各検査の費用やリスクによっても異なると思います。

 

実際にどのような検査があるのかを紹介すると、
母体血清マーカー検査・羊水検査・絨毛検査等があります。

 

母体血清マーカー検査は血を採る形で行われ、
この検査を受けるのに必要となる費用は1~2万円だとされています。

 

羊水検査は、その名前の通りに妊娠されている方の羊水を採る事によって検査をします。
この羊水検査を受けるのに必要となる費用は、低額でも6万円程度になるようです。

 

絨毛検査は、妊娠されている方の絨毛を採る事によって検査となります。
この検査を受ける為に必要な費用は、大体10万円位となるようです。

 

上記で紹介した中で、絨毛検査と羊水検査は流産の可能性もあります。

 

勿論、子供が生まれる前にダウン症か検査する方法の中には、
流産の可能性がない検査の方法もあるので慎重に検討されると良いと思います。

 

 

<男性側はダウン症の子供が生まれる事に関して、どのような要因があるのか?>

 

男性側にもダウン症の子供が生まれる事に関して要因があります。
女性が高齢出産の場合はダウン症の子供が生まれる確率は高くなる話は、
比較的よく知られていると思います。

 
男性も女性と同じように高齢になる事で、確率が高くなると言われています。
男性も年齢が高くなる事によって精子に問題が起きやすくなる事が理由のようです。

 

この他にも、男性が高齢な事が要因の子供を産む事に関するリスクは色々とあります。

 

例えば、父親の年齢が高くなる事によって、
自閉症の子供が産まれる確率が高くなる等と言われています。

 

男性側も高齢が要因となるリスクに関しては、把握しておいた方が良いと思います。
女性側だけが、高齢の出産によるリスクがあると言う訳ではないのです。


参照:ダウン症芸能人