ダウン症の赤ちゃんにはどのような顔つきをしているのでしょうか?

 
また、ダウン症の赤ちゃんの顔つきは、年齢を重ねる事によって変化するのでしょうか?
更に、ダウン症の方で整形されたと言うケースとは?

今回は、そのような疑問に対して解説します。

 

<ダウン症の赤ちゃんの顔つきは?>

 

ダウン症の赤ちゃんは顔つきに特徴が表れるケースがあります。
まず、ダウン症の赤ちゃんの鼻の特徴として、高さが低い事等が挙げられます。


スポンサードリンク



また、目の特徴は二重瞼である事や目と目の間が離れている事等です。
更に、口の特徴は口から舌が出ている機会が少なくない事等とされています。

 

加えて、耳の特徴は、その形が変わっている事や耳のサイズが小さい事、
耳の付いている場所が低い事等があります。

 

他にも、顔つきが平坦である等と言う特徴があります。

 

赤ちゃんがダウン症だった際には、顔つき以外にも特徴が表れるケースもあります。

 

顔つき以外のどのような所に特徴が表れる事があるのかと言うと、
足・手・首等が挙げられます。

 

この他にも、赤ちゃんの行動等にも特徴が表れる場合もあります。

 

赤ちゃんの顔つきにダウン症の特徴が見られたとしても、
自分1人でこの子はダウン症だと決めてしまう事は控えた方がいいようです。

 

出産された後に赤ちゃんがダウン症か検査する方法としては、DNA検査等があります。
このDNA検査を検討してみる事と言う選択肢もあるようです。

 

いずれにせよ、医師に相談をしてみると言う形になります。

 

ダウン症の赤ちゃんであっても、
その特徴が顔つきに強く表れないケースもあると言う事も
知っておいた方が良いと言えます。

 

ちなみに、子供が生まれる前にダウン症か検査する方法もあります。


スポンサードリンク




この妊娠している時に子供がダウン症か調べる方法としては、
羊水検査や絨毛検査等があります。

 

検査によっては、流産の可能性がある検査もあるので注意が必要です。

 

 

<ダウン症の赤ちゃんの顔つきは、年齢によって変化するのか>

 

まず、上記の説明によって、
ダウン症の赤ちゃんの顔つきに特徴が見られるケースがあると言う事を説明しました。

 
それでは、ダウン症の赤ちゃんの顔つきは年齢によって変化するのでしょうか?

 

一般的には、ダウン症の赤ちゃんの顔つきは、
年齢を重ねる事によって変化すると言われています。

 

ただ、ダウン症の赤ちゃんの顔つきの変化に関しては、
色々なケースが見られるようです。

 

ダウン症の症状の重さによっては、
年齢を重ねる事によって顔つきの特徴が目立ちにくくなるケースもあるようです。

 

このように年齢を重ねる事によってダウン症の顔つきの特徴が目立ちにくくなるのは、
どちらかと言うとダウン症の症状の重さが軽かったケース等が考えられるそうです。

 

反対に、ダウン症の症状が重ければ、その顔つきの特徴が分かりやすいようです。

 

<ダウン症の方で整形をされると言うケースとは?>

 

ダウン症の場合は顔に特徴が表れるケースもある事もあって、
中には整形をすると言う選択をされる方もいるようです。

 

このダウン症の方が整形をするという選択に対しては、色々な意見があるようです。

 

ダウン症のご家族の方でも、その意見は異なって来ます。

 

整形を受けると言う事に対して肯定的な意見もあれば、否定的な意見もあるようです。

 

例えば、ダウン症の特徴が顔に表れている事で差別の目で
見られる位なら整形をさせたいと言う意見や、折角、持って生まれた顔を
整形する事で変えて欲しくないと言う意見等があるようです。

 

ただ、個人的な意見としては本人の意思が一番大事であると感じました。

 

更に、ダウン症の症状の度合いによっては整形手術を受ける事が難しいケースもあるようです。

よって、事前に医師とよく相談をし合って受けると言う形になるようです。


参照:ダウン症芸能人