ダウン症の胎動特徴は強い弱い、少ない多いと言うような関連性があるのでしょうか?
このダウン症の胎動特徴の関係性について説明します。

 

<ダウン症の胎動特徴の強い弱い、少ない多いに関して>

 

胎動特徴がダウン症と関連性があると言う話を耳にした方は、
実際にはどうなのだろうと気にされるケースもあると思います。


スポンサードリンク



ダウン症に胎動特徴と関連性があると言う話は、幾つかのパターンがあるようです。
例えば、お腹の中の子供がダウン症だった場合は胎動が弱いと言う説等があります。

 

しかし、ダウン症だった場合に胎動特徴の強い弱い、
少ない多いとの関連性があると言う話は、医学的根拠に欠けた俗信の域を出ないようです。

 

よって、胎動特徴によってお腹の中の子供が、
ダウン症かを安易に判断する事は避けた方が良いと言えます。

妊娠されている方は胎動によって、
ダウン症かも知れないと考え過ぎない方が良いと言う事になります。

 

しかし、胎動に異変を感じたら医師に相談をする事が大事になるようです。

 

<子供が産まれる前にダウン症かを判断する方法とは?>

 

子供が産まれる前にダウン症か判断する方法は、
どのような物があるかと言うと幾つかの検査方法が挙げられます。

 
お腹の中の子供がダウン症かどうかを知りたい場合は、
胎動を気にされるよりもこのような検査方法をよく検討された方が良いと思います。

 

まず、新出生前診断と言う検査方法があります。
こちらの検査を受ける事によって、流産を引き起こす可能性はないとされています。

 

検査を受けられる際には、この様な可能性があるかどうかを事前に確認する事も大事です。
この新出生前診断に必要となる費用としては、20万円位だと言われています。

 

この検査の方法は、妊娠されている方の血液を採ると言う形になり、
その検査結果が分かるまでは2週間程度の時間が必要とされています。

 

ちなみに、この新出前診断を受ける為には幾つか条件があるので、
この検査を希望している場合はそれに該当している事が必要になります。


スポンサードリンク




新出生前診断を受けられる期間は、妊娠10週から18週となります。
こちらの検査を受ける事が出来る病院数は、豊富だと言えない事も注意点になります。

 

また、母体血清マーカーテストと言う検査方法もあります。

 

この母体血清マーカーテストと言う検査方法も、
新出生前診断と同様に検査を受けた方が流産をされる可能性はないと言われています。

 

この母体血清マーカーテストを受けるのに必要となる費用は、1~2万円位です。

 

母体血清マーカーテストの検査方法は、妊娠されてから血液を採ると言う方法になり、
検査結果が分かるまでは10日程度の時間が必要だと言われています。

 

この検査の正確性は、大体8割前後のようです。

 

母体血清マーカーテストは、
正確性が完全な検査方法ではないと言う事も知っておいた方が良いです。

 

こちらの母体血清マーカーテストを受けられる期間は、
妊娠15週から妊娠21週だとされています。

 

更に、羊水検査と言う検査方法もあります。
この羊水検査には、流産の可能性があると言う事が注意点になります。

 

こちらの検査に必要となる費用としては、6万円から15万円程度になるようです。

 

羊水検査は妊娠されている方から羊水を採り、
検査結果が分かるまでは2週間程度の時間が必要となります。

 

この羊水検査の正確性は99%以上だとされています。
こちらの検査を受けられる時期としては、妊娠15週から妊娠18週と言われています。

 

他にも、絨毛検査と言う検査方法があります。
こちらの検査の気を付けた方が良い点としては、流産の可能性があると言う事です。

この絨毛検査に必要な費用としては、10万円から15万円位だとされています。

参照:ダウン症芸能人