ダウン症同士の結婚はできる?

 

ダウン症の方同士の結婚は世界的にも数が少ないです。
それでも、結婚例が全く無いわけではありません。

ダウン症同士の結婚は可能です。


スポンサードリンク




 

ただし、夫婦揃って障害と言う事で、さまざまな問題が出てきます。

・周囲の助けなしでは生きていけない。

 

・男女ともに不妊

 

ダウン症は男女ともに不妊で、不妊治療をしないと
出産を望めないケースが多いです。

そういう意味でも、子供を産むまでに苦労を強いられる事になります。

 

・ダウン同士の子供はダウンになる確率が上がる。

 

ダウン症同士の結婚の場合は、障害児を産む確率がアップします。
4分の3がダウン症児になるデータがあります。

 

ただし、ダウン症の原因となる染色体の分離異常は、卵子も精子も
突発的に起こりますので、受精卵の染色体の分離異常も、
遺伝とは関係なく突発的に起こり得る事です。

 

その結果、両親がダウン症という事だけで、生まれる子どもが
必ずダウン症になると言う確証はありません。

 

・子供を産んだ場合の育児の問題

 

出産が仮に成功したとしても、両親ともにダウン症ですから知的障害を持っている
ケースが多く育児が難しくなります。

育児をして行く為には、当然に親としての教育能力も必要になってきます。
子供を成人させて、いっぱしの社会人に仕立てるのが親の役目です。

 

それでも、低身長なだけで知能は健常ってケースもあります。
その場合は、子育てに特段の問題は生じないでしょう。

全てを頼り切るわけではありませんが、周囲のサポートは必要です。

 

周囲と言えど、まずは祖父母が面倒を見る事になるでしょう。
祖父母の年齢なども考えますと、大変厳しくなるのは分かります。

またダウン症は寿命が普通の人に比べて短い分、
その辺の事も考慮していかなければなりません。


スポンサードリンク




 

・どこで出会う?

 

ダウン症同士で知り合う機会で圧倒的に多いのが施設です。

同じダウン症の方々が集まり施設内で知り合い意気投合して
結婚に至る事例が多いです。

 

ダウン症と健常者は結婚できる?

 

ダウン症でも健常者と結婚する事は可能です。

しかし、健常者が障害のある人をサポートしながら一生涯
生活して行く事になりますので、とても大きな決断となります。

 

能力にも差がありますから、一緒に生活して行くのも覚悟が必要です。

親などの周囲の理解や承諾の兼ね合いもありますので、
結婚に至るまで相当な迷いはあるでしょう。

 

親としては、自分の息子や娘が障害を持つ人と結婚するとなれば、
当然ながら先々を心配するのが当然の事でしょう。

最終的な決め手は、本人の気持ち次第でしょう。

 

全てを受け入れて、それでも結婚したいと言う気持ちが
互いに高まれば結婚成立となるでしょう。

誰もが顔や性格や能力や収入などで、パートナーを選んでいるとは限りません。
この人と結婚したいと思えるなら結婚はできるのです。

 

子供を産む場合、健常者とダウン症の人の組み合わせでは、
1/2の確率でダウン症の子が生まれます。

この辺の事を見据えると、子供を欲しいと思っている場合はネックになってきます。


参照:ダウン症芸能人