妊娠後期のエコーでダウン症の特徴が現れるのかどうかと言う事や、
その特徴がどのような物か、或いは妊娠している時の子供のダウン症の
検査方法等を紹介します。

 

≪妊娠後期のエコーでダウン症の特徴は現れるのか?≫

 

妊娠後期にエコーでダウン症の特徴は現れるとされています。

しかし、妊娠後期にエコーする事によって、
ダウン症であると断定は出来ないと言う形になります。


スポンサードリンク




ただ、妊娠後期の子供にエコーでダウン症の特徴があるかを観察すると言う事です。

エコーに見た胎児にダウン症の特徴があっても、
その見込みがあると言う話しであって明確に決定される訳ではないのです。

 

エコーでダウン症の特徴が観察されないと言う場合でも、
子供がダウン症であったと言うケースはあったりします。

 

それでは、妊娠後期にエコーでダウン症のどのような特徴が
現れる事があるのか説明します。

 

まず、首の後ろの部分が膨れていると言うのも特徴だとされています。
こちらの厚さの程度によってダウン症の見込みがどの程度か判断したりします。

しかし、あくまで見込みなのでダウン症であるかは決められないようです。
また、手や足の長さに特徴があり、そちらが短いのです。

 

更に、体の大きさが小さいと言う事も特徴だと言われています。
加えて、鼻の高さが低い等もダウン症の特徴として挙げられます。

 

他にも、ダウン症の子供は合併症等によって、心臓に問題のある場合があります。
具体的には、心臓の形に異常があったりする事等があります。

 

≪妊娠をしている時の子供のダウン症の検査方法とは?≫

 

妊娠後期のエコーの特徴だけでは、ダウン症かは明白に分かりません。
それでは、妊娠をしている時の胎児のダウン症の検査方法はどうか説明します。


スポンサードリンク




 

まず、羊水検査と言う方法があり、この検査の確実性は高いです。
しかし、その的中率は完全と言う訳ではなく、99%以上とされています。

ただ、こちらの検査の気を付ける点としては、流産等の危険性がある点です。

 

もし、羊水検査を受ける事を希望している場合は、
この点も含めてよく検討される事が大切だと思います。

 

検査の費用に関しては開きがありますが、10万円前後と言われています。
検査方法は羊水を注射器で採り、調査をすると言う形になるようです。

 

妊娠15週から18週に、羊水検査を行えるとされています。
また、絨毛検査と言う方法もあります。

こちらも検査の正確性は高いとされており、大体99%と言われています。
ちなみに、こちらの検査の結果が判明するまでの時間は2週間前後となっています。

 

絨毛検査に関しても流産等の危険性があるので事前にその事を把握した上で、
よく考える事が大事だと言えます。絨毛を採る事によると言う検査方法になります。

 

更に、母体血清マーカーテストと言う方法もあるのです。
こちらに掛かる費用としては、2万円から3万円程度です。

 

母体血清マーカーテストの行える期間としては、妊娠15から21週だとされています。
この検査の結果が判明するまでに掛かる時間としては、10日程度です。

 

この検査方法は妊娠されている方の血を採る事によって、
その血を調査すると言う形になるようです。

 

上記で紹介した以外にも、子供が産まれる前にダウン症であるか検査する方法はあります。

 

もし、お腹の中の子供がダウン症であるかと言う検査を
受けたいと言う場合は、それぞれの検査の危険性の
有無や正確性等に関してきちんと知っておく事が大事であると思います。

 

ちなみに、出産する際の年齢が高くなるにつれて、その子供が
ダウン症である可能性も高くなると言われています。

 

しかし、高い年齢で出産をする事で必ずダウン症の子供が
産まれると言う訳ではないようです。


参照:ダウン症芸能人