新生児のダウン症は耳に特徴が出る場合があります。

加えて、耳以外にも新生児がダウン症だった場合に
見られる事のある特徴があるので併せて紹介します。

 

≪新生児のダウン症の耳に出る場合がある特徴とは?≫

 

新生児のダウン症は耳に特徴が出るケースがあります。


スポンサードリンク




まず、耳の形状が変わっている事があり、耳が内に向けて
曲がっていたりする場合等があります。

 

また、耳の大きさ的にもダウン症ではない新生児の物と比較すると小さかったりします。

加えて、耳の位置が下の方にあると言われています。

 

具体的に耳がどのような位置にあるかと言うと、はっきりと目の線から下にあったりします。

しかし、これらの特徴だけではダウン症かと言うのは判断できません。

 

ダウン症ではないと言う新生児の場合であっても、
どれかの特徴に似た耳を持っている事もあるからです。

 

≪新生児のダウン症の耳以外に出る場合がある特徴とは?≫

 

新生児ダウン症は耳以外にも特徴が現れる事があるので説明します。

まず、首の長さが短いと言う事が特徴としてあります。

 

首に関しては、腫れたようになっていると言う事も挙げられます。

また、目の特徴としては、吊っているような形だったりします。

 

目は二重であると言う事も特徴としてあります。

 

目に関してはこれだけではなく、
他にも特徴があり両目の間の距離が大きいと言われています。

更に鼻にも特徴があるとされています。

鼻の根元の部分が平べったく、その高さも低い事等が特徴です。

 

加えて、口から舌が出ていると言う事が多いとされています。

 

新生児のダウン症が舌を出している理由としては、
筋肉が少量であると言う事等があります。

筋肉が少量である事によって、母乳等があまり吸えなかったりするようです。


スポンサードリンク




新生児のダウン症に対して、母乳を飲ませる事等によって栄養を
与える為には工夫が必要になって来たりする場合があるようです。

 

この他にも、手の平に猿線と言う線がある事も特徴だと言えます。

 

ちなみに、著名人にも猿線がある方はいます。

 

猿線があったからと言っても必ずダウン症と言う訳ではないのです。

 

ちなみに手には猿線の他にも特徴があり、指の長さが短いとも言われています。
上記以外にもダウン症の新生児の特徴はあるとされています。

 

ちなみに、身体以外のダウン症の新生児の特徴としては、
泣く事があまりないとされています。

 

耳だけではなく、これらの様な特徴だけで子供がダウン症であると
独りで決定付けてしまう事は避けなくてはいけません。

 

ダウン症ではないかと考えられた時には、医師と話をすると良いと思います。

 

≪ダウン症の検査はどのような物があるか≫

 

ダウン症の検査については出産をする前に行う物と、出産後に行う物があります。
まず、出産される前に行うダウン症の検査に関して説明します。

 

ダウン症の検査としては、羊水検査と言う物があります。

羊水検査に掛かる費用は、大体10万円から15万円程度です。

 

どの時期に検査を受ける事が出来るのかと言うと、妊娠15週から18週です。

羊水を注射する事によって採る事による方法になります。

 

検査の正確性に関しては、99%以上とされています。
しかし、注意点としては流産をしてしまうと言う可能性があると言う事です。

 

また、母体血清マーカーテストと言う検査方法もあります。
母体血清マーカーテストに掛かる費用としては、1万円から2万円程度です。

こちらは、妊娠されている方の血液を採る事による方法になります。
加えて、新出生前診断と言う方法があります。


 
こちらの検査に掛かる費用としては、20万円前後だとされています。
この他の、出産される前のダウン症の検査としては、絨毛検査等があります。

出産された後に行う検査としては、染色体の検査があります。

参照:ダウン症芸能人