一体、新生児のダウン症の特徴とはどのような物があるのでしょうか?
ここでは、新生児のダウン症の特徴に関して紹介します。

 

≪新生児のダウン症は、顔にはどのような特徴があるのか?≫

 

新生児のダウン症は、顔に現れる事のある特徴があります。
よって、顔の部分ごとにどのような特徴があるのか説明します。


スポンサードリンク



■新生児のダウン症の口の特徴とは?

 

口に関しては、舌が出しているのが特徴です。
更に口を開けている事が少なくないとされています。

 

■新生児のダウン症の耳の特徴とは?

 

耳の特徴としては、内に入っているような形になっている事があります。

形だけではなくサイズにも特徴があり、小さかったりします。
更に、耳の場所も下の方にあると言うのが特徴だと言えます。

 

■新生児のダウン症の鼻の特徴とは?

 

鼻の根元の部分が平べったいと言う特徴があります。
更に根元の部分の端から端には距離があったりするようです。

 

この他、鼻の特徴としては、その高さにあります。
鼻の高さに関しては低いと言う事が特徴であると言われています。

 

■新生児のダウン症の目の特徴とは?

 

まず、目と目の距離が遠いと言う事が挙げられます。
それから、目の形も釣っていると言う特徴があります。

更に、ダウン症の新生児の場合は瞼が二重であるケースが少なくないようです。

 

■新生児のダウン症の顔の全般的な特徴とは?

 

上記では顔の部分の特徴に関して説明しました。
それでは、全般的な特徴に関しては平べったい事が言えます。


スポンサードリンク




 

≪新生児のダウン症の顔以外には外見にどのような特徴があるのか?≫

 

新生児のダウン症は、顔以外にも外見に特徴が現れる事があります。
どのような特徴が現れる事があるのか説明します。

 

■新生児のダウン症の手の特徴とは?

 

まず、手の指の長さが若干短いと言うのが特徴としてあります。
また、手の平に浮かんでいる線にも特徴が現れる事があり、

 

新生児のダウン症の際に浮かぶ場合のある線を猿線と呼びます。
ちなみに、猿線の別名を手掌単一屈曲線とされています。

この猿線とは手の平を一本横に通っている線になります。
ダウン症ではない場合にも猿線は手の平にある場合があります。

 

歴史上の人物や現在の知名度の高い方にも猿線があると言う場合もあるそうです。
猿線のある歴史上の人物としては、織田信長や徳川家康等がそれに当たります。

 

■新生児のダウン症の足の特徴とは?

 

足の特徴としては、外反扁平足である場合があります。
また、足の指の長さが短かったりするのも特徴だったりします。

 

■新生児のダウン症の頭の形の特徴とは?

 

扁平後頭骨である場合がある事が特徴だとされています。

ちなみに、上記で説明した以外にも首等に特徴が現れる場合があります。

 

≪新生児のダウン症の外見以外の特徴とは?≫

 
まず、新生児のダウン症は泣く事が比較的少ないと言う事が言われています。
よって、保護者の方は大人しい子供だと思われたりする場合もあるようです。

 

また、ダウン症ではない新生児と比べると体が柔らかい事があると言うのも特徴だとされています。

 

この他にも力が強くないのも特徴としてあり、中々母乳等が
しっかりと飲めなかったりする事があるようです。

 

上記の様な特徴が新生児のダウン症の場合には現れるケースがあるのです。
しかし、上記はあくまで特徴だと言う事を覚えておく事が大事になります。

もし、保護者の方等が自分の子供等をダウン症ではないかと思われた際には、
医師の方と話し合って見る事が大事になります。

 

ちなみに、子供が生まれる前にダウン症の検査を行う方法と言うのもあるようです。
例を挙げると羊水検査や新出生前診断等があります。

 

加えて、子供が産まれた後にダウン症かどうか検査する方法としては、
染色体の検査があります。


参照:ダウン症芸能人