ダウン症の種類は標準トリソミー型とモザイク型と転座型があるとされています。
まず、標準トリソミー型は、ダウン症の大体90から95%です。

 

ダウン症では、この標準トリソミー型の場合が過半数であると言えます。
モザイク型は、ダウン症の大体1から3%です。


スポンサードリンク




このモザイク型は、あまり見られないケースだとされています。
転座型に関しては、ダウン症の大体5から6%です。

 

ダウン症は生まれる時の染色体の異常によって引き起こされるとされています。
それでは、それぞれの種類の染色体の異常がどのようになっているか等を説明します。

 

まず、標準トリソミー型は、21番の染色体が3本であると言う異常となっています。
ちなみに、1組2本となっているのが正常な染色体だと言われています。

 

また、モザイク型の場合は、染色体の21番目が異常ではない細胞と
標準トリソミー型の異常を起こしている細胞と混合したと言う形になっているとされています。

 

更に、転座型は染色体の21番がその他の染色体に付着している
異常であると言われています。

 

加えて、子供を産む時の年齢が高くなるごとに、ダウン症の子供が
産まれる確率も高くなると言う説もあります。

 

しかし、例えば20歳で子供を産んだケースであっても
ダウン症の子供が産まれる可能性もあるようです。

 

≪ダウン症の療育とは?≫

 

療育は障害のある方等に対して、持っている能力を活かせるように訓練等を
実施したりするようです。現在、ダウン症を完治させる方法はないとされています。

 

よって、出産された子供がダウン症だったと言う場合は対症療法として、
早い時期から療育等を行う事等が大事であると言われています。

 

また、療育に関しては施設等だけではなく、家庭でも行う事が出来るとされています
更に、ダウン症の子供は合併症を起ると言うケースもあります。


スポンサードリンク




よって、保護者の方等はそのような面にも配慮をしてあげる事が大切だと思います。

 

 

≪ダウン症の合併症とは?≫

 

上記でも説明しましたがダウン症の子供等は合併症を起る場合があります。
そこで、どのような合併症を起こるケースがあるのかを説明します。

まず、ダウン症の合併症として、糖尿病を起こしやすいとされています。
糖尿病と言う病気は比較的有名ですので、その名前を耳に挟んだ方もいると思います。

 

こちらは常に血糖値が高くなっている病気であり、インスリンの働きが足りなくなる
事等によるとされています。

また、目の病気も合併症として起きる場合もあります。

 

ダウン症の目の病気の合併症は、生れつきの物であると言うケースもあるようです。
合併症の目の病気としては、屈折異常や先天性白内障に斜視等があります。

保護者の方等は、目に異変がないかと言う事をよく確認されると良いと思います。

更に、耳の病気も合併症として起きるケースがあり、
こちらは難聴や滲出性中耳炎等があります。

 

難聴の程度によっては補聴器を付けると言う場合もあるようです。
加えて、ダウン症は消化器に合併症が起きると言う事もあるとされています。

消火器の合併症としては、鎖肛やヒルシュスプルング病に十二指腸閉鎖症等があります。
この他にも、ダウン症の合併症としては先天性心臓疾患や白血病等もあったりします。

 

ダウン症の子供が出産された際等に合併症が起きる場合がある事を知らないと、
病気に気が付けないと言うケースも考えられます。

 

ダウン症がどのような合併症が起きる事があるのかと言うのはきちんと把握をして、
日頃から様子を見てあげる事が大事だと言えます。


参照:ダウン症芸能人