「標準型ダウン症の特徴」

 

ダウン症の大きな特徴として顔貌が挙げられます。

一般的によく言われるのが、つり上がった二重瞼のつぶらな目、
横広がりのお鼻、目と目の間隔が広く平坦なお顔立ちです。

 

ダウン症の方一人ひとりには個性がありますが、
標準型ダウン症の方の顔貌は似ています。


スポンサードリンク



標準型ダウン症の方はなぜ同じような顔貌になってしまうのか、
こちらは未だに解明されていなく、大きな謎となっています。

 

この顔貌は、産まれたばかりの新生児でも出てくる特徴で、
産まれたばかりの新生児を見ただけで医師は判断できると言います。

 

「ダウン症の新生児の横顔の特徴、耳」

 
ダウン症の新生児にも正面のお顔は標準型ダウン症の
お顔の特徴が出てきます。

ほぼ、大人と同じ特徴です。正面のお顔もさながら、
横顔にも特徴が出てきます。

 
ダウン症の横顔の特徴として分かりやすいのが耳です。
ダウン症の新生児の耳は健常児に比べると少々下に付いています。

詳しく説明すると、健常児の耳の位置は目尻のラインより上に付いていますが、
ダウン症児の場合は目尻より下に付いていることが多くあります。

 
また、耳が健常児に比べると小さく小ぶりで可愛らしい大きさをしています。

そして、耳の上の部分が折れ曲がる様な形で変形していることが多くあります。
この耳の特徴は横顔で見ると正面でお顔を見た時よりも
分かりやすく出る特徴になります。

 

「ダウン症新生児の横顔の特徴、お鼻」

 
ダウン症の新生児の横顔での特徴として、お鼻もその一つに挙げられます。
ダウン症の方のお鼻は鼻根部が広く背の低い横に広がる形をしているのが特徴です。

 

健常者の新生児も鼻自体は大人に比べれば当たり前ですが低いのですが、
ダウン症の新生児のお鼻は高さが無く横に広がる形となります。
これが横を向いた状態だと尚更お鼻の低さを感じるかもしれません。


スポンサードリンク




横広がりなお鼻のため、鼻の穴が正面を向いた様に見えてしまう事もあります。

 
個人差はありますが、アジア人に比べると鼻の高い白色人種の方の
ダウン症の方でも同じ特徴があり、白色人種の健常児の新生児の
鼻の高さと白色人種のダウン症の新生児の横顔から見たお鼻の
高さは明らかに違いが出てしまうほどに低めのお鼻をしています。

 

「ダウン症の新生児の横顔の特徴、目」

 
ダウン症の目元は特徴的です。

くっきり二重につり上がりはなれた目元、そして目と目の間隔が離れている事。
これは新生児の時からの特徴です。

 
新生児の時はつり上がった目元が大人のダウン症の方と比べると穏やかな
つり上がり方をしています。

そのため、ダウン症の大人の方に比べると、
ダウン症の新生児は目元がくっきり大きく見えます。

 
横顔からダウン症の新生児を見た時にはその離れた目元は特徴的に
出やすい場合があります。つり上がった目元は新生児の段階では
少々分かりづらいと思います。

 
特に新生児の場合、お顔が浮腫んでいる場合が多く、特に目元は
浮腫みやすいのでダウン症の特徴的な目元は出にくい子供もいます。

横顔から見た時に正面で見るより健常児とダウン症児の差は
ほとんど無いと言っても過言ではありません。

 
くっきりとした二重はアジア人の新生児では出にくいため、
目元ではそのくっきり二重が唯一ダウン症児の特徴と言えるかもしれません。

 

「ダウン症の新生児、横顔で判別できる?」

 
ダウン症の新生児の場合、ダウン症の特徴がお顔に出やすい場合と
そうでない場合があります。

なぜならば、お父さん、お母さんのお顔の特徴を兼ね備えているので、
全てのダウン症児が同じ顔、同じ横顔として生まれてくるわけではありません。

 

似ている特徴があるというだけなのです。
とくに新生児の場合は目をつぶっていることが多かったり、
浮腫んでいたりとお顔がはっきりと素人目線ではわからない事も多いため、
ダウン症かどうかという判断も少々難しくなります。

 

正面でも判別しにくい新生児のお顔、横顔ならば尚更、そして、
これらの特徴は全てのダウン症児に当てはまる訳ではないので、
もし、疑わしい点があれば医師に相談してみて下さい。


参照:ダウン症芸能人