「一般的なダウン症の方の性格のイメージは?」

 
ダウン症の方と接したことのない人の一般的なダウン症の方への
イメージは、「優しい」「穏やか」「人懐っこい」といったところではないでしょうか?

 
ダウン症の方のイメージは、イメージ通りと言っても過言ではなく、
とても優しく、接しやすい方が多く、沢山の人から愛される存在と
なるキャラクター性を持っています。


スポンサードリンク





個人差は多少あるものの、とても親しみのある方が多く、
男女差関係なく初対面の方ともすぐに仲良くなれる明るくて
陽気な性格を持っている方がほとんどです。

 

「イメージと違った面も持ち合わせるダウン症」

 
ダウン症の方の一般的なイメージ以外の他の性格はというと、
そのイメージとは逆に頑固で少々強情な面を持ち合わせています。

この頑固で強情な面、言葉を変えると融通が利かないという部分があり、
この強情さが周りの人を困らせてしまう時もあるかもしれません。

 

また、理解できないなんて事もあるかもしれません。


 
ダウン症の方はこだわりが強く、切り替えが上手くいかない事も
多々ありますが、そのこだわりは1度身に着けた事をしっかりと
丁寧にこなしていく、それによって結果を出す事が多いため、
こだわる、強情、頑固な所は良い事を引き起こす時もあります。

 

「ダウン症の方は様々な才能を持ち合わせている」

 
ダウン症の子供は体の成長もゆっくりですが、「学ぶ」という事に
関してもゆっくりとしています。

 

知的障害を患っているせいもありますが、
性格もゆっくりとしているという面も影響があります。

 
ゆっくりすぎて悪い面も出てくることがありますが、
ゆっくり学んでいくからこそ、じっくりとしっかりと様々な事を
身につける事が出来るのも特徴の一つです。

一つの物事に対してこだわりを持って接することが出来、
ダウン症の方のそのこだわりはとてつもない集中力にも繋がります。


スポンサードリンク




そのため、ダウン症の方の中には多彩な
才能を持ち合わせている方が多くいます。
ゆっくりな性格、そして、ゆっくり学んでいくからこそ
細かい所まで見る事が出来るのかもしれません。

 

「ダウン症の方の性格を考慮した接し方」

 
ダウン症の方の性格を健常者はよく理解して接する必要があります。

ダウン症の方は何をするにもゆっくりで、こだわりを持ちながら
行っていくため、時に周りをイラつかせてしまう事もあります。

 

また、覚えるという作業も人の何倍もの時間をかけていくため、
普通の事が普通に出来ない時もあります。

陽気な性格ゆえに場違いな発言でヒンシュクを
買ってしまう事もあります。

 
そして大人のダウン症の方でも子供の様に無邪気でイタズラが
好きな人もいるので、周囲の気を引くためにふざけてしまったり、

他の人の言葉を間違った方向でまねて相手を不快な思いに
させてしまったり、相手にしていられないと思う事もあるかもしれません。

 
全ての事において、ダウン症の事を周りの人がよく
理解していないと健常者の方にとってダウン症の方は
理解不可能な存在となりやすいのが現状です。

 
この様な事態を防ぐには周りの理解と共にダウン症の方への
教育がとても大切になります。

小さい時から善悪をしっかりと教え、
ダウン症の方本人に理解させる事がとても大切です。

 
優しくて穏やか、誰にでも隔たりなく接することが出来る反面、
度が過ぎてしまう、時間がかかってしまうこだわりが強すぎる等の
マイナスな面も備わっています。

 
ダウン症の方全ての方に当てはまる性格ではありませんが、
大多数の方が同じような性格を持ち合わています。

 
ダウン症の方への理解と共にもし、ダウン症の方が本人は
わかっていなくても、悪い事をしたらそれはなぜいけないのか、
なぜ悪い事なのか、周りの人はどう思うのか等をしっかり教え、
良い事をしたらしっかりと褒めてあげる事が大切です。