「お顔の見た目だけで判断できないダウン症もある」

 

 

ダウン症の特徴は全てお顔の見た目で判断できると
思っている方は多いのではないでしょうか?

 

確かに多くのダウン症の方は、障害を持っていない人と
比べると、見た目で見分けがつくほどに顔の特徴が
似ていて判断しやすい事が多いと思います。



しかし、これはある程度大きくなってからの
特徴となりやすく、新生児の場合はお顔の見た目で
ダウン症と判断できないケースもあります。


新生児の特に産まれたばかりの赤ちゃんは
お顔は浮腫んでいたり、目を閉じていることが多いため、
お顔での判断はしにくいと言えます。

 
また、出生前診断を出産する前に行っていてダウン症という
診断が新生児がダウン症を持っている可能性は高くなりますが、
100%確実ではない事も多々あります。

出生前診断を受けていない場合は新生児の検査をしない限り、
ダウン症と判断するのはお顔だけではとても難しいと言えます。
 

「お顔以外のダウン症の特徴は?耳と足に出るって本当?」

 
産まれた赤ちゃんにダウン症の疑いがある場合は検査するのが
一番ですが、新生児のダウン症の赤ちゃんの特徴はいくつかあります。

その中でもわかりやすいのが耳と足。

 
これはとても特徴的なので判断する目安になります。


新生児のダウン症の赤ちゃんの耳の特徴として、耳自体が障害を
持っていない新生児と比べると小さく、耳の位置が低くなっている、
目の位置よりも下にある場合はダウン症である可能性があります。

 
また、丸まったような形をしていたりと見た目で特徴が
はっきりとわかる形をしている事が多いのです。

そして、新生児のダウン症の赤ちゃんの特徴が出やすいのが足の形です。

 

特徴として挙げられるのが、足の親指と人差し指に隙間がある事。
足の裏のシワがかかとの方まで長く伸びている事です。

 
シワの事に関しては少々判断しにくい所でもありますが、
足の指の隙間はとても顕著に出やすい特徴です。

 
また、外反扁平足であるというのも一つの特徴です。

単純に外反扁平足という訳ではなく、重症な度合いの
外反扁平足であるのが新生児のダウン症の赤ちゃんの
大きな特徴と言えます。

 
土踏まずが無いため、かかとの骨の状態を見るとかなりな
垂直になっていることが見た目でわかる位の特徴が出てきます。


ただし、土踏まずの深さは新生児の場合、はっきりと出にくい面が
あるので、土踏まずだけでの判断はし難いところです。

 
ダウン症の新生児の赤ちゃんには足の指が障害を持っていない
赤ちゃんと比べて短かったりというのもダウン症の新生児の
赤ちゃんの特徴も出やすいので、いくつ当てはまるかという点で
判断していった方が良いかもしれません。

 

「見た目で当てはまったら早めに検査を」

 
耳と足の特徴を踏まえた上で、見た目だけでの判断だけで
終わらずに、新生児であってもしっかりと検査を受けて
確定的な診断を受ける事がとても大切です。

 
ダウン症特有の特徴に気づかずに、産まれてかなりの時間が
経ってから気づくなんて人もいますが、ダウン症の子供は
ダウン症の他に重度の合併症を患っているケースもあるため、
障害の有無を早めに知っておくことはとても大切な事です。

 
耳や足以外にもダウン症の新生児の赤ちゃんには特徴が出るため、
何かが違う気がすると思ったら、その新生児の特徴を照らし合わせてみる、
その後検査を行うというのも、早期発見に繋がります。
 
産婦人科医や助産師、看護師は経験上、産まれたての新生児に
障害があるか否かを判断できる人もいますが、稀に判断しがたい事も
あるようなので、新生児の様子を見て判断していく事もあるようです。

 
もし、ダウン症が見つかれば、早期発見、早期治療によりダウン症の
合併症を防いだり、治療が出来るので、何かがおかしいと思えば
医師に早めに相談するのが1番となります。