「お腹の中の胎児のダウン症の有無、エコーでわかる?」

 
妊娠中はエコーの検査を頻繁に行います。

 

お腹の中の胎児の状態を把握するのにとても大切な
検査となるため、定期的に行われるものですが、
そのエコー検査では胎児の様々な状態を見る事が出来ます。

 
そして、胎児がダウン症であるか否か、可能性を探ることが
エコーの検査では出来ます。


スポンサードリンク




エコーを見ても一般の人には何がどうなのかというのは
非常に判断しにくいのですが、プロの行うエコー検査では、
ダウン症の特徴的な部分を見分ける事が出来るため、

出生前診断や羊水検査を行う前に障害の有無を
ある程度把握することが出来る場合があります。
 

「ダウン症の障害を持つ胎児のエコー検査でわかる特徴は?」

 
エコー検査でみることのできるダウン症があるかもしれない
胎児の特徴として、まずは胎児の首の後ろの部分の厚みをみます。


もっと具体的に言うと、後頭部の部分の浮腫みがみられるかどうかと、
その経過によって判断材料の一つに挙げられる特徴となります。

 
この後頭部の浮腫み(浮腫)は多くの胎児に見られるものですが、
ダウン症の胎児と、ダウン症でない胎児とではこの浮腫み
(浮腫)の厚みが大きく違います。

この厚みが厚ければ厚いほど、
ダウン症である可能性が高いと判断されます。

 
後頭部のエコーの検査は妊娠11~13週の間に行われることが多く、
この段階で厚みが3mm位あるとダウン症やその他の異常を疑う必要が出てきます。


他にもエコー検査でわかるダウン症の特徴として、手足の長さを調べます。

 

手足が短い場合はダウン症を疑う項目の一つとなり、
特に頭の大きさに対して大腿骨(股から膝の部分にかけてある骨)
が短いとダウン症の可能性が大きくなります。


スポンサードリンク



また、妊娠13週目の胎児の鼻骨が形成されていない事も
ダウン症を疑うべき点になります。
 

「エコー検査による胎児の体重でダウン症の判断は出来る?」

 
エコーによる検査では胎児の大体の重さを測る事が出来ます。

胎児がもし小さい、体重の伸びが良くないと判断された場合に
考えられる原因として、お母さんの喫煙や飲酒、血圧が高い、
妊娠中のダイエットなどが挙げられます。

 
他に、子宮や胎盤の機能の異常、子宮内感染症や胎児の
染色体の異常などが考えられます。

胎児が低体重と診断され、ダウン症と繋がる場合もありますが、
それだけで判断するというのは難しいと言えます。

 
確かに、ダウン症の胎児はダウン症を持たない胎児と比べると
大きさも小さく、体重も少ない胎児が多いので、エコー検査で
何らかの障害や疾病を抱えている可能性があるという医師の

判断が下される可能性はありますが、一概にエコー検査での
胎児の体重が少ないからと言って、ダウン症という判断は
されにくいのが現状です。
 

「エコー検査の正確性」

 
エコー検査だけで100%確実な情報を得られるのは
はっきり言うと難しいです。
 
最近では3Ⅾの他にも4Ⅾといったより立体的に見える画像を
出すことのできる機械も主流になりつつありますが、まだまだ、
正確な情報を得る所までは達していません。

 

胎児の大きさや手足の長さ、体のつくりなど角度によっては
見え方が違ってくるので、ダウン症としての確定診断はできません。


それゆえに、ダウン症の有無も可能性という所止まりなので、
エコー検査後にもしも医師からダウン症の可能性を伝えられ、
正確性を求める場合は、出生前診断を行ったほうが良いと言えます。

 

血液検査や羊水検査ではエコー検査以上の正確性が上がり、
胎児の状態、障害の有無を把握することがある程度出来ます。

 
エコー検査だけではあくまで診断材料の一つとなるので、
胎児の事で気になる事があれば医師に相談することをお勧めします。